カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年4月11日
  • カンボジアニュース

マレーシアへの派遣労働は問題ではない カンボジア労働大臣[労働]

news_201704111
(c)Phnom Penh Post

 労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣は、6日、マレーシアに労働者を送るための行動計画の草案がまだ進行中であるとしながら、少数の労働者が直面した虐待に関しては心配していないと述べた。プノンペン・ポスト紙が報じた。

 国際労働機関(ILO)との共同イベントで、イット大臣は、「最近、マレーシアから被害者が救われているが、マレーシアで働くカンボジア人労働者(約5万人)と比較すれば、それほど多い数字ではない」と述べた。

 両国は重度の虐待、強制的な拘束や未成年者の募集といった数々の疑惑がありながら、2011年に決定されたマレーシアへの派遣禁止を、2015年12月に解除することをとり決めた。

 反対派は、雇用誘致に対する政府の責任の欠如が、何十万人ものカンボジア人が海外に就職することを促したと主張している。

関連記事
日系
プロキャスト 介護労働者の為に300万ドル資金援助 カンボジア[日系]
(20日)
労働
愛媛県 カンボジア人の技能実習生1000人受け入れ[労働]
(17日)
経済
カンボジア・中国外交60周年を記念して 高速道路・新空港の建設に調印[経済]
(15日)
経済
工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]
(12日)
社会
プノンペン自治港 4月にフェリーサービスを開始[社会]
(05日)
労働
1000人のメイド派遣プログラムに基づき 14人が香港へ[労働]
(12月30日)
あわせて読みたい
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
カンボジア人には手順を段階的に説明する必要がある[人材・コンサル]ソー・キナール(2/2)
業界
業務体制の自動化が進んでいる[人材・コンサル]ソー・キナール(1/2)
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース