カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年4月11日
  • カンボジアニュース

マレーシアへの派遣労働は問題ではない カンボジア労働大臣[労働]

news_201704111
(c)Phnom Penh Post

 労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣は、6日、マレーシアに労働者を送るための行動計画の草案がまだ進行中であるとしながら、少数の労働者が直面した虐待に関しては心配していないと述べた。プノンペン・ポスト紙が報じた。

 国際労働機関(ILO)との共同イベントで、イット大臣は、「最近、マレーシアから被害者が救われているが、マレーシアで働くカンボジア人労働者(約5万人)と比較すれば、それほど多い数字ではない」と述べた。

 両国は重度の虐待、強制的な拘束や未成年者の募集といった数々の疑惑がありながら、2011年に決定されたマレーシアへの派遣禁止を、2015年12月に解除することをとり決めた。

 反対派は、雇用誘致に対する政府の責任の欠如が、何十万人ものカンボジア人が海外に就職することを促したと主張している。

関連記事
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(16日)
労働
カンボジア人の労働者の多くは韓国で働くことを望む[労働]
(15日)
労働
在日本カンボジア大使館が日本で働くカンボジア人に注意喚起[労働]
(12日)
労働
33人の工場労働者を乗せたトラックが横転 カンボジア[労働]
(07月31日)
労働
プノンペン都内郊外の縫製工場ので集団失神[労働]
(07月23日)
労働
人事部長や美容師など職業、外国人の従事を禁止か カンボジア[労働]
(07月17日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
人事管理者が知らない裏側に、カンボジア人材の人事マネジメントの秘訣あり[人材・コンサル]鳴海 貴紀 (2/2)
業界
アジア地域におけるリーディングカンパニーになることがビジョン[人材・コンサル]サンドラ・ダミーコ(2/2)
業界
学びは教育という側面だけでなく、生活全般において得るもの[人材・コンサル]サンドラ・ダミーコ(1/2)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース