カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年4月11日
  • カンボジアニュース

マレーシアへの派遣労働は問題ではない カンボジア労働大臣[労働]

news_201704111
(c)Phnom Penh Post

 労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣は、6日、マレーシアに労働者を送るための行動計画の草案がまだ進行中であるとしながら、少数の労働者が直面した虐待に関しては心配していないと述べた。プノンペン・ポスト紙が報じた。

 国際労働機関(ILO)との共同イベントで、イット大臣は、「最近、マレーシアから被害者が救われているが、マレーシアで働くカンボジア人労働者(約5万人)と比較すれば、それほど多い数字ではない」と述べた。

 両国は重度の虐待、強制的な拘束や未成年者の募集といった数々の疑惑がありながら、2011年に決定されたマレーシアへの派遣禁止を、2015年12月に解除することをとり決めた。

 反対派は、雇用誘致に対する政府の責任の欠如が、何十万人ものカンボジア人が海外に就職することを促したと主張している。

関連記事
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(14日)
経済
米国小売大手のウォルマート カンボジア製品の購入を強化[経済]
(09日)
観光
フン・セン首相 エコツーリズムの開発に向けたタスクフォースを設立[観光]
(09日)
観光
アンコール遺跡のチケット売上71%増加[観光]
(07日)
経済
カンボジアビール プレミアリーグのビールパートナーに[経済]
(06日)
経済
「中国はカンボジアの最も重要な経済的パートナー」 上海大学シンクタンク[経済]
(01日)
あわせて読みたい
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース