カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2017年4月1日
  • カンボジアニュース

日本政府 カンボジアに1億4000万ドルの資金協力[日系]

news_201704014
(c)Khmer Times

 日本政府は3月30日、約1億4000万ドルの無償資金協力と譲与的融資の提供に合意し、プラック・ソコン外務国際協力大臣と堀之内秀久駐カンボジア大使により、フンセン首相の面前で署名が行われた。

 この資金は、インフラ整備や洪水防止、医療や水道網の改善などに使用されるとし、バッタンバン州からバンテイ・メンチェイ州までの国道5号の改修工事に譲許的融資として9800万ドル、給水システムの拡大や洪水保護の強化に4200万ドルが費やされるという。

 同大臣は、「この開発援助は、カンボジアの経済成長を推進する上で重要な役割を果たし、人々の生活も改善するだろう」と述べた。

 堀之内大使は、「これらのプロジェクトがカンボジアの社会経済に貢献し、二国間協力を促進することを願っている」と話し、「バッタンバン州にある病院の、新しい建物や医療機器導入に1260万ドル、プノンペンの洪水保護と排水改善に約95万ドル、コンポントム州の給水システムの拡張に約2850万ドルを使用する。また、国道5号線は、プノンペン―バンコク間の輸送に使用される道路で、改修は重要である」と説明した。

 2015年7月に行われた第7回日本・メコン地域諸国首脳会議で、日本政府は、2016年から2018年の新戦略の一環で、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの5カ国支援に約61億ドルの予算を約束した。今日、日本はカンボジアにとって、最も重要なパートナーのひとつであり、国内経済や社会、インフラ整備に大きく貢献している。

関連記事
社会
カンボジア政府によるネット通信監視計画が進行[社会]
(22日)
社会
韓国の支援によりプノンペンの公園で無料Wi-Fiの提供スタート[社会]
(15日)
経済
郵便電気通信省 政府への支払いを拒否する通信事業者の社名公表[経済]
(05日)
観光
クメール正月 シェムリアップとシアヌークビルのホテルほぼ満室[観光]
(04月14日)
社会
カンボジアICTコンテスト募集開始 総額賞金は2万7000ドル[社会]
(03月25日)
経済
カンボジアとタイを繋ぐ新国際検問所が開設[経済]
(03月24日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース