カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2017年5月4日
  • カンボジアニュース

イオンモール プノンペンでの成功を受け、新たに30店舗のオープンを計画[日系]

news_201705042
(c)Khmer Times

 2014年にオープンしたプノンペン最大のショッピングモールのイオンモールは、成長を続けるカンボジアの需要に応えるため、様々な形態により新しく30店舗を首都圏と周辺地域にオープンすると発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 日経アジアレビューによると、同社はまた、数年後にシェムリアップなどの観光地での定着も目指しており、2018年2月から郊外、都心、新築住宅地に合わせた3種類の形態の店舗をオープンする予定だ。

 店舗は、価格も多様で現地のニーズに合わせて選定され、郊外の店舗の総面積は500~1000平米、一方新しい市内中心部の店舗は約150平米で、コンビニエンスストアに似ているという。

 エクスプレス・フード・グループのゼネラルマネジャーは、「強い経済成長と政治的安定を享受しており、人々は消費支出を高めている。イオンには巨大なチャンスだ。例えば、ラッキースーパーマーケットは、ここ4、5年で着実に成長しており、プノンペンと地方で支店が増えている。イオンの拡大路線は、成長を続ける中産階級からの需要の高まりにも対応できるようになる」と語った。

 カンボジアは過去20年間で約7%の高い経済成長率を達成しており、昨年はアジア開発銀行に「アジアの新しいトラ」と称された。一人当たりの収入は、2000年の288ドルから2016年の1307ドルに増加、カンボジアは中所得国となっている。

 イオンの2016年のレポートによると、既存のカンボジア店舗での売上高は、20.7%増加しており、これは、他のASEAN諸国に比べて最も高い成長率である。また、昨年5月下旬、プノンペンのセンソック区で2つ目の店舗出店を発表しており、プロジェクト規模は1億2000万ドル、約15万平方メートルをカバーし、2018年5月までにオープン予定だ。

関連記事
経済
ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]
(08月21日)
経済
タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]
(08月14日)
経済
小売販売店 選挙運動からの影響受けず営業 カンボジア[経済]
(07月27日)
未分類
プノンペン自治港の巨大商業施設計画  中国企業が開発[経済]
(07月26日)
経済
シアヌークビルの不動産 中国からの投資により急成長を遂げる[経済]
(07月13日)
経済
カンボジアでのVISAカードによる取引総額 前年度比30%増[経済]
(06月26日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース