カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2017年3月29日
  • カンボジアニュース

日系エンジニアリング会社 6億ドルの石炭火力発電所をシアヌークビル近くに建設予定[日系]

 マレーシア系エネルギー会社、カンボジア・エナジーⅡ(CEL2)は、シアヌークビル近くに、150メガワットの石炭火力発電所を建設するため、合計6億ドルを投資すると発表した。これは、石炭火力発電所としては国内3番目となる。

 CEL2は、今年5月に建設開始予定で、発電所の稼働は2019年後半を見込んでいる。キープラントの建設は、日本のエンジニアリング会社、東芝プラントシステムズ&サービス株式会社が行うという。

日系の最新ニュースランキング
最新ニュース

人気記事ランキング