カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月28日
  • カンボジアニュース

カンボジアのマイクロファイナンス 減速へ転じる[経済]

news_201705284
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアの最新経済動向によると、国内のマイクロファイナンス業界における信用貸の伸びは、2014年から毎年50%以上の増加など急速な成長を見せたが、2016年3月にピークを迎え、11月には31億6000万ドルと急激に停滞、2016年のMFIの信用の総伸び率はわずか4.7%だった。プノンペンポスト紙が報じた。

 報告書によると、MFIのサービスを受けた総世帯数は、前年の219万から214万世帯に減少し、一方、不良債権(NPL)比率は2015年の0.7%から1.5%に倍増した。

 減少の理由について報告書では、競争の激化や非公式業者の台頭を挙げており、競争が激化するにつれ、ローン獲得の基準が緩和され、ローン返済、医療費、不動産の修繕など、多くの世帯が迅速かつ無担保で貸付を行う非公式業者に頼っているという。

 ハッタカクセカーのホウ・レン・トンCEOは、「カンボジア国立銀行がMFI預金取扱機関に流動性カバレッジ利率(Liquidity Coverage Ratio=LCR)を課したことが、貸出の抑制につながった。しかし信用貸の減速は、業界にとってプラスであり、全当事者に利益をもたらす健全な成長に向かうと考えている」と語った。

関連記事
経済
初の社債発行のハッタカクセカー 機関投資家により全ての社債購入される カンボジア[経済]
(16日)
経済
マニュライフ生命保険 6支店目 シアヌークビルへ進出 カンボジア[経済]
(14日)
経済
地方の中小企業への融資を拡大 カンボジア[経済]
(04日)
経済
人民元 貿易取引での使用高まる カンボジア[経済]
(10月27日)
経済
ハッタカクセカー 上場に強い自信 カンボジア[経済]
(10月19日)
経済
証券取引所に上場させるよう求める カンボジア[経済]
(10月16日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース