カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2021年2月16日
  • カンボジアニュース

シアヌークビル自治港、2020年の利益は54%減 カンボジア[経済]


シアヌークビル自治港の利益が昨年減少 (c)KT / Chor Sokunthea

 シアヌークビル自治港(PAS)の財務報告によると、2020年の利益は54%減の1037万ドルだった。

 また、カンボジア証券取引所(CSX)に上場している同社のEPS(1株当たり利益)は2セント(前年7セント)に減少した。

 なお、昨年末の株価は1株あたり1.50ドルと前年に比べて35%上昇している。同社の株価は1月4日に史上最高値の1.58ドルに達しており、先週金曜の終値の時点で時価総額は1億3019万ドルとなっている。

 PSAPは、カンボジアで唯一の商業深海港で、現在、容量を2倍にする拡張プロジェクトが進行しているほか、敷地が68ヘクタールあるシアヌークビル港経済特区も運営している。

関連記事
労働
スヴァイリエン州では1万人以上の労働者が休職 カンボジア[労働]
(07月08日)
経済
ベトナム国境の経済特区、第1四半期の輸出額は好調 カンボジア[経済]
(04月16日)
経済
新たな貿易ルートは、商取引を助ける カンボジア[経済]
(03月18日)
社会
米政府機関、ウエステルダム号の陽性反応女性は感染者ではないと一時発表 カンボジア[社会]
(02月25日)
経済
経済特区からの総輸出額、前年比27%増 カンボジア[経済]
(02月01日)
経済
カンボジアのシアヌークビル自治港、プノンペン自治港は堅調に成長[経済]
(01月09日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース