カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年9月1日
  • カンボジアニュース

ナガコープのIR開発 次はシェムリアップ州とプレアシアヌーク州か カンボジア[経済]

20200901-1
(c)Phnom Penh Post

 ナガワールドの親会社であるナガコープは、シェムリアップ州とプレアシアヌーク州での統合型リゾート事業(IR)の展開に関心を示している。プノンペンポストが報じた。

 同社は、香港証券取引所(HKEX)に提出した中間報告書で、はシェムリアップとシアヌークビルにおける収益性の高いIR開発の実現可能性について模索したいとした。

 これに対し経済財政省は、「シェムリアップではカジノが禁止されており、企業がIRビジネスを展開する場合は観光省にライセンスを申請してもらう必要がある」と述べており、法的に適切な手続きが必要な旨を示唆した。

 観光省広報官は、「もし記者会見を開いたりリゾート開発をしたいのなら、観光省にライセンスを申請する前に商業省への登録が必要だ」と述べているが、シェムリアップ州でのIR投資には前向きだ。

 ナガコープはプノンペンで唯一許可されたカジノ施設ナガワールドを所有しており、現在ナガワールド3が開発中となっている。上半期の純利益は前年同期比91.6%減の2060万ドル、売り上げは前年同期比57.7%減の3億7750万ドルだ。

関連記事
観光
カンボジアのお盆(プチュン・バン)、観光客数100万人以上[観光]
(21日)
経済
イージーコム、低コストの電子化データ管理ソリューションを提供 カンボジア[経済]
(15日)
経済
カシューナッツの商業化に向けた動き カンボジア[経済]
(14日)
観光
エコツーリズムにはより多くのガイダンスが必要 カンボジア[観光]
(09日)
経済
地元の粉ミルクメーカーの不正が発覚するも、当事者は否定 カンボジア[経済]
(08月28日)
経済
宝飾品、宝石の輸出額が13億ドルに増加 カンボジア[経済]
(08月25日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(1/2)
特集
カンボジア観光投資についての可能性 ~観光統計、ニュースから考察するカンボジア観光産業への投資~(2/2)
業界
カンボジア人の国内旅行者数は毎年上昇 [飲食・観光]西村 清志郎
業界
カンボジアは現在、制度化やその徹底に向けての努力が加速しているという状況です [法務・税務・会計] 村上暢昭
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース