カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年1月16日
  • カンボジアニュース

2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]

news_201901161
(c)Khmer Times

 CBREのレポートによると、プノンペンのコンドミニアムは8つのプロジェクトが竣工し、2018年第4四半期に2234戸が供給され、約19%が増加した。

 このうち、中間価格帯の物件では、イーストビュー、スカイ31、ザ・ビューなどのプロジェクトで総供給量の4割以上を占める。また、低価格帯の物件は78%がセンソック区に集中し、センソック区で竣工したセンソックタウンⅢ(468戸)は、総供給量の約2割を占める。

 一方、同期には6つの新しいコンドミニアムプロジェクトが立ち上がり、これらの総供給量は合計で約2000戸となる。このうち、中間価格帯が1232戸と多くを占め、建設場所はドーンペン区、チョロイチャンバー区、ミーンチェイ区と様々だ。

 販売価格は比較的横ばいで推移しており、四半期ベースでの平均上昇調整は全体で1%未満に留まっている。年間ベースでは、高価格帯は1.5%の上昇、中間価格はわずかな低下、低価格帯は8.4%上昇している。

 CBREカンボジアのダイレクターのアン・ソティダ氏は、「これまでのところ新規供給に伴う稼働率のに目立った影響はみられないが、今後はコンドミニアム供給は中間価格帯以上の物件では過剰飽和が懸念される」と述べた。

 12月に、国土整備・都市化・建設省は、2018年の建設が承認されたプロジェクト数が19%減少したと報告しており、投資総額は2017年の64億ドルから52億ドルに減少した。

関連記事
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(11日)
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(01月19日)
経済
プノンペンの賃貸可能戸数が3倍になると予想[経済]
(01月08日)
労働
建設労働者の最低賃金の設定 待遇改善が期待される カンボジア[労働]
(01月04日)
経済
シアヌークビルにITビルディングが竣工 カンボジア[経済]
(01月03日)
社会
すべての建物に身体障害者の対応を要求 カンボジア建設省[社会]
(12月28日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース