カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年1月8日
  • カンボジアニュース

プノンペンの賃貸可能戸数が3倍になると予想[経済]

news_201901081
(c)Khmer Times

 現地不動産会社、Vトラストの報告書によると、現在のプノンペンの賃貸可能戸数は355棟9021戸あるが、2030年代初頭までに3倍の2万8000戸になる見込みだという。クメールタイムズ紙が報じた。

 同社の市場調査によると、プノンペンのアパートの供給は2030年までに年間約1580戸増加することを示している。また、チャムカーモーン区には230棟のビルのうち5820戸の賃貸可能なアパートがあり、トゥールコーク区は1446戸、7マカラ区は635戸、ドーンペーン区は590戸を販売されている。

 Vトラストのダイレクター、ホエム・セイハ氏は、「2018年第4四半期には約7600戸が賃貸され、可動率はチャムカーモーン区で86%、トゥールコーク区で79%。プノンペン都の平均可動率は84%。賃貸か可能な部屋の種別では、55%(4956戸)が1ベッドルーム、34%(3098戸)が2ベッドルーム、3ベッドルームやペントハウスなどは、5%(428ユニット)未満を占めている」と付け加えた。

関連記事
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(01月13日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
経済
政府促すも低所得向け住宅開発、増加せず カンボジア[経済]
(12月26日)
経済
オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]
(12月02日)
経済
2019年上半期の不動産、堅調な成長 カンボジア[経済]
(10月29日)
経済
不動産会社CBREが第3四半期の不動産市況を報告[経済]
(10月16日)
あわせて読みたい
業界
プノンペンの不動産は依然として健全[建設・内装] ミース・プロックサー
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
今後2年くらいでシアヌークビルのマーケットのトップが見えてくる[不動産] ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース