カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年1月8日
  • カンボジアニュース

プノンペンの賃貸可能戸数が3倍になると予想[経済]

news_201901081
(c)Khmer Times

 現地不動産会社、Vトラストの報告書によると、プノンペンの賃貸可能戸数は2030年代初頭までに3倍の2万8000台になる見込みで、現在利用可能な首都の12地区で355以上のアパートの建物で9021の賃貸可能な単位です。

 同社の市場調査によると、プノンペンのアパートの供給は2030年までに年間約1580戸増加することを示している。また、チャムカーモーン区には230棟のビルのうち5820戸の賃貸可能なアパートがあり、トゥールコーク区は1446戸、7マカラ区は635戸、ドーンペーン区は590戸を販売されている。

 Vトラストのダイレクター、ホエム・セイハ氏は、「2018年第4四半期には約7600戸が賃貸され、可動率はチャムカーモーン区で86%、トゥールコーク区で79%。プノンペン都の平均可動率は84%。賃貸か可能な部屋の種別では、55%(4956戸)が1ベッドルーム、34%(3098戸)が2ベッドルーム、3ベッドルームやペントハウスなどは、5%(428ユニット)未満を占めている」と付け加えた。

関連記事
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(04日)
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(02月11日)
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(01月19日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
経済
シアヌークビルの建設プロジェクトでホテルの売却を中止 シンガポール系企業[経済]
(12月25日)
経済
高層ビジネスセンターのユニット販売促進に関する覚書 カンボジア[経済]
(11月25日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース