カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年5月22日
  • カンボジアニュース

カンボジアのマイクロファイナンス融資 着実な成長を遂げる[経済]

 カンボジアマイクロファイナンス協会(CMA)によると、今年の国内マイクロファイナンスの融資ポートフォリオと預金総額は顕著な伸びを示す一方、債務者数は横ばい、不良債権比率はわずかに低下しているという。プノンペンポスト紙が報じた。

 CMAによると、今年3月末現在の会員の融資残高総額は46億2000万ドルと、昨年同期33億2000万ドルから増加しており、また預金総額は16億2000万ドルから22億ドルに増加した。

 一方、今年3月末までの債務者数は合計185万人に達し、これは2017年3月末と同数。預金者は200万人に達している。

 また、不良債権の指標であるポートフォリオ・アット・リスク(PAR)は、前年の1.67%から今年3月末には1.37%に若干低下している。

関連記事
経済
MF大手ハッタカクセカー 社債を証券取引所に上場 カンボジア[経済]
(15日)
経済
電力のアクセスを強化する新たな融資 カンボジア[経済]
(01日)
政治
フランス政府 EUが9670ドルの融資 カンボジア[政治]
(11月22日)
経済
初の社債発行のハッタカクセカー 機関投資家により全ての社債購入される カンボジア[経済]
(11月16日)
政治
2億5000万ドルの融資協定を締結 カンボジア[政治]
(10月29日)
社会
カンタボパ小児病院に資金を提供 カンボジア[社会]
(10月14日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース