カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年4月30日
  • カンボジアニュース

米国向け輸出 免税特権の再開 カンボジア[経済]

news_201804302
(c)Khmer Times

 4月22日、米国の一般特恵関税制度(GSP)の延長が認められ、カンボジア輸出業者への免税特権が再開された。クメールタイムズ紙が報じた。

 米国のGSPプログラムは1974年、発展途上国の経済成長促進を目的に設立され、カンボジアは120カ国のうちの1カ国にあたる。今回の延長は、3月23日にドナルド・トランプ大統領によって署名された2018年の総合歳出予算法案の一部だ。

 この法案は遡及的であり、2017年12月31日から4月22日までの米国向けGSP商品も払い戻しの対象となる。ただし、払い戻しは自動化されず、輸入者は米税関・国境警備局に払い戻し請求を行う必要があるという。

 カンボジア縫製業協会(GMAC)の副会長は、「縫製業への適用も期待している。縫製用品の追加は、GSPへの製品を増やすという米国の期待に沿ったものになる」と述べた。

 米国政府は昨年7月に、スーツケース、バックパック、ハンドバッグ、財布などカンボジア製旅行用品に関税免除を付与しており、同製品の輸出は、2015年の5300万ドルから2016年には1億ドルに増加している。

関連記事
経済
カンボジア 欧米の特恵関税制度の取り消しの影響に対応[経済]
(14日)
経済
中国やベトナムとの二重課税協定が1月1日より開始 カンボジア[経済]
(03日)
経済
カンボジアで展開の欧州企業 EBA協定廃止に懸念表明[経済]
(12月07日)
経済
タイとの貿易額が70億ドルを突破 カンボジア[経済]
(12月06日)
経済
カンボジアコメ協会会長 EU関税導入検討に懸念表明[経済]
(12月03日)
経済
アクレダ銀行の給料支払いサービスを導入 カンボジア[経済]
(11月23日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース