カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年2月16日
  • カンボジアニュース

プノンペン―タイ国境を結ぶ鉄道 第一段階の完成[経済]

news_201802162
(c)Phnom Penh Post

 公共事業運輸省のスン・チャントール大臣は2月12日、プノンペンからタイ国境ポイペトまでの鉄道の一部、60キロが完成したと発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 公共事業運輸省の事務局長は、「2月14日、もともと2016年中頃に完了予定だったが、天候や土地紛争などによって数回延期になった」と述べた。

 完成した鉄道は、タイ国境からプノンペンまで伸びる計画の一部で、最終的にプノンペン-バンコク間を時速40~60キロメートルで運航することを計画している。

 同省は、「鉄道建設は、セグメントごとに進めている。第一段階は、最近完成したポイペトからモンコールボレイへ。第二にモンコールボレイからバッタンバンへ。第三にバッタンバンからポーサットへ。そして最後に、ポーサットからプノンペンへと繋がる。線路の多くは、交換よりも改装されるだろう。今年の6月にプノンペン―ポーサットを結ぶ鉄道完成を期待している」と述べた。

関連記事
経済
プノンペン経済特区 第1四半期も収入減[経済]
(22日)
社会
プノンペンの公共フェリー 1か月で1万6000人以上が利用[社会]
(20日)
社会
鉄道サービスの準備を整える カンボジア運輸省[社会]
(19日)
経済
エアアジア カンボジアに子会社進出間近 [経済]
(17日)
社会
国道5号線は将来「ASEAN道路」となる スン運輸大臣[社会]
(07日)
経済
カンボジア西部線 セレイ・ソフォンとバッタンバンを結ぶ第2区間の運航開始[経済]
(04日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース