カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月20日
  • カンボジアニュース

今年はコンドミニアム供給の重要な波を迎える[経済]

news_201706204_mini
(c)CBRE

 国際的な不動産会社CBREが、2017年第1四半期におけるカンボジア・プノンペンの不動産情報を公開した。

 建設への投資量が増加した昨年とは対照的に、今年第1四半期の建設プロジェクト数は承認されているもので前年同時期から22%減少。合計786のプロジェクト数で、総額12.8億ドルと見られる。

 また、プノンペンの主要地区全体の地価は平均3.5%上昇。開発の増加とともに、著名な商業開発や中心部までの交通網のインフラ整備が中心部以外の地価上昇をもたらしている。実際、AEON2号店が建設中のセンソック区の地価は前期比11.8%の上昇となった。

 またプノンペンは今年、コンドミニアム供給の重要な波を迎えるという。

 今年第1四半期には2つのプロジェクトが売り出され、合計1055室が供給されている。CBREによると、今年の第2四半期にはコンドミニアム建設の完成により新たに1500室以上が提供され、今年末までには計7000室前後が追加される。質の高い仕上がりとデザイン、好条件の位置を備えたプロジェクトは、第1四半期において好調な販売を見せた。



 一方で、全グレードの相場は、前期に比べ下落。平均相場は前年同期比1.0%の下落を見せている。

 しかし手ごろな価格の物件は大きく安定しており、平均相場は前年同期比で0.8%の下落に収まった。それに比べ、中階層向けのコンドミニアムは前期比2.2%、高所得者向けのプロジェクトは前期比0.7%、前年同期比2.7%の下落となっている。

 第1四半期に発表された新プロジェクトの内法面積に基づく相場は、1平方メートルあたり平均1350ドル程度と見積もられている。

 2016年の第4四半期のコンドミニアムの賃貸相場は前期に比べ安定しており、1平方メートルあたり平均で月15.6ドル。低水準のコンドミニアムは、月10ドルであった。

関連記事
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(14日)
経済
人気が高まるトゥールコークエリア 第2のボンケンコンになるか[経済]
(13日)
日系
イオンモールでトラベルフェア 訪日カンボジア人旅行者の増加を期待[日系]
(07日)
経済
センチュリー21カンボジア 地方にもサービス展開へ[経済]
(05日)
経済
シャムリアップ州最大のショッピングモールが建設[経済]
(10月30日)
経済
建設投資額 昨年同時期より22%増加と力強い成長を見せる[経済]
(10月23日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース