カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月6日
  • カンボジアニュース

カンボジア政府介入するも豚肉価格の下落止まらず[経済]

 カンボジア養豚協会(CPRA)の会長は、豚肉の価格は政府の対策にもかかわらず、引き続き低下していると警告した。クメールタイムズ紙が報じた。

 豚肉の価格は、昨年1キログラム当たり約2ドルだったが、現在は1キログラム当たり1.35ドルに下落。しかし、農家の基本コストは1キログラムあたり1.75ドルである。

 今年5月、農林水産省は、豚の輸入数が同省によって設定された数(1日あたり1250頭)を超えているという業界からの指摘に対応し、豚の不法輸入を養豚業者が監視し防止することを許可していた。

関連記事
経済
欧州連合(EU)がカンボジアのコメに関税を課すことを決定[経済]
(18日)
経済
プノンペン中心部にあるダムコー市場 北部郊外に移転予定[経済]
(04日)
経済
ゴミ収集収業者シントリー社 賃上げに合意 カンボジア[労働]
(12月28日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
経済
米系酪農企業 カンボジア産牛乳の生産を拡大[経済]
(12月24日)
経済
コメの輸出量が13%減少 カンボジア[経済]
(12月22日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース