カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年4月27日
  • カンボジアニュース

カンボジア・ベトナム間 橋建設で貿易を強化[経済]

news_201704273
(c)Khmer Times

 カンダール州チュレイトム郡とベトナムのアンザン省ロンビン郡を結ぶ橋が竣工した。クメールタイムズ紙が報じた。

 竣工式でフン・セン首相は、「チュレイトム-ロンビン橋は、カンボジアとベトナムの人々のための重要なクロスボーダーゲートだ」と語り、「この橋はカンボジアがベトナムとの二国間貿易で50億ドルの目標達成に役立つだろう」と述べた。

 橋の全長は約1.2キロメートル、車は時速80キロメートルで走行が可能。総投資額は3656万ドル(カンボジアは1588万ドル、ベトナムは2075万ドル)。2014年12月に建設が開始され、今月完成した。

 カンボジアとベトナムは、両国間の貿易が今年の最初の2ヶ月間で21.2%増加し、約624.1百万ドル。ベトナムは昨年、カンボジアの3番目の貿易相手国であったが、両国間の二国間貿易は30億ドルに達した。

関連記事
法律
物流部門に関する法律制定を検討 カンボジア運輸省[法律]
(11日)
経済
来年から輸出コストの引き下げ カンボジア[経済]
(11日)
経済
米国への輸出 情勢悪化にも関わらず引き続き好調 カンボジア[経済]
(08日)
経済
アジア開発銀行 メコン地域にとってCBTAの実施が急務[経済]
(10月28日)
政治
カンボジアはベトナム人の市民権を剥奪 ベトナム外務省が反論[政治]
(10月13日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアの経済モデルを再考する必要がある[経済]
(10月07日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース