カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年4月11日
  • カンボジアニュース

韓国 カンボジアへの投資家誘致を強化[経済]

 カンボジア商工会議所と韓国国際貿易協会(Korea International Trade Association=KITA)は、より多くの韓国人投資家をカンボジアに誘致する提携を発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 昨年における二国間の貿易額は、8.12億ドルを達成。 今回調印された覚書では、特に建設業や農業においてその数字を押し上げる予定だという。

 カンボジア商工会議所のリム・ヘン副会頭は、「韓国人投資家が今後増加するだろう」と話し、「カンボジアの1500万人という人口は依然として小さいが、若い労働力があり、韓国だけでなく他国の投資家にもカンボジアへの投資を促進させるものだ」と説明した。

 韓国の投資家の多くは不動産業をターゲットにしているが、現在は農業分野に興味を持つ投資家もいるという。KITAの責任者は、「韓国は投資のリターンを最大化するためASEAN諸国をアウトソーシング先として捉えている」と話し、「韓国の競争力が低下していることを背景に、海外進出に挑戦する投資家が増えている」と付け加えた。

関連記事
経済
韓国の中小企業銀行 2020年に新たな支店を開設予定 カンボジア[経済]
(12日)
経済
カンボジアのゴム輸出価格 減少続く[経済]
(11日)
経済
フィリピン製品 カンボジアへ流入増加か[経済]
(08日)
経済
タイとの貿易額が70億ドルを突破 カンボジア[経済]
(06日)
社会
新しい給水所が稼働開始 カンボジア[社会]
(05日)
経済
韓国企業 カンボジアの農業分野に関心[経済]
(05日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース