カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年1月8日
  • カンボジアニュース

カンボジアのコメ輸出 大幅に減少[経済]

 1月5日に発表された政府統計によると、昨年の精米輸出の伸び率は、2015年に比べてわずか0.7%と2014年以来最低の数字を記録した。

 農林水産省の農業局長は、「昨年、カンボジアが輸出した精米はたった54万2144トンで、第1四半期と12月の落ち込みが全体的な業績に影響を与えた。第1四半期には、深刻な干ばつが起こり、より安価なベトナム米の流入が原因となった」と述べる。

 昨年3月、精米業者と輸出業者は、「輸出及び国内市場での競争が激化し、ベトナムからの低品質米の流入により、農家、精米業者、輸出業者で倒産が広がっている」と政府に介入を促しており、9月末には、米価格の下落を防ぎ、農家からコメを購入するため、精米業者に2700万ドルの融資を行うことで政府は対応していた。

 カンボジアコメ協会(CRF)のフン・ラック副会長は、「カンボジアの生産コストはタイやベトナムに比べてとても高く、カンボジア米は市場での競争力がない。隣国の価格が安ければ、バイヤーがそれらの国からコメを輸入することは明らかだ」と、2016年の輸出が急落すると予測していたと述べた。

 また、アムルライス(カンボジア)の社長は、急落した理由について倉庫不足を挙げ、大規模な米貯蔵庫と水田乾燥施設が必要だと話している。

 しかし、CRFのフン副会長によると、「中国が米農家と精米業者の支援のため、カンボジアから毎年20万トンのコメを購入することに正式合意した。CRFは商業省と協力してカンボジアのコメ市場の拡大を図っており、現在はインドネシア東ティモールと交渉している。最近、マレーシアからの注文も受けており、今年の見通しはよりポジティブになるだろう」と付け加えた。

関連記事
経済
パームシュガーとカンポットペッパーの加工工場 プノンペンに建設予定[経済]
(24日)
経済
EUが化学物質の制限 カンボジアのコメ産業、さらに向かい風[経済]
(24日)
経済
554の家族 政府に対し土地の返還を求める ウドンメンチェイ州[経済]
(23日)
経済
新たな会社がタクシー業界に参戦 プノンペン[経済]
(23日)
経済
カンボジアの国際貿易額 220億ドルに増加[経済]
(22日)
経済
「国際市場の競争激化により胡椒価格が下落している」 トボンクムン州の農協トップ[経済]
(20日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
カンボジア経済データ(2016/7/29更新)
特集
カンボジア人の声 ジャパンファームプロダクツ フン・トラー
業界
カンボジアで最も大切なのはインフラの開発[運輸・物流]シーア・リッティ
業界
「SEATSに声をかけてよかった」と思っていただける存在でありたい[運輸・物流]峯島浩輔
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース

人気記事ランキング