カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年11月18日
  • カンボジアニュース

プノンペン経済特区の収益、大幅減少[経済]

news_201611181
(c)Khmer Times

 今年1~9月の未監査の要約財務諸表よると、プノンペン経済特区(PPSEZ)の収益は、前年同期の1400万ドルから、700万ドルになり、50%減少した。

 PPSEZは2016年4月、CSX4番目の上場企業となったが、多くの投資家はその収益が土地販売に依存していることを懸念していたが、新規株式公開(IPO)により、タイ国境のポイペトでの53ヘクタールの経済特区開発で820万ドルを調達している。

 同社の上松裕士CEOは8月の記者会見で、「このレンタル工場は、土地販売とは別で、2020年までに収益の50%を生むだろう。今年の下半期に8社が工場設立に合意し、PPSEZの純利益は450万ドル増加すると予測する」と述べており、また工場賃貸を増加させるだけでなく、製造工場を建設したい投資家には建設サービスを提供していく予定だ。

 現在、PPSEZでは84社から投資を集めており、76社の工場が動いている。

関連記事
経済
アクレダ証券 カンボジア証券取引所の取引口座数トップに[経済]
(13日)
日系
ポイペトPPSEZ 最初の日系企業と賃貸借契約を締結[日系]
(04月19日)
経済
プノンペン経済特区 今年上半期の収益が半減[経済]
(18日)
経済
プノンペン経済特区 2社の株式を取得[経済]
(07月11日)
経済
プノンペン 国道4号線 PPSEZ付近の不動産価値上昇[経済]
(05月19日)
経済
プノンペン自治港の純利益、わずかに増加[経済]
(11月19日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース