カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年10月22日
  • カンボジアニュース

カンボジア国内のカジノからの税収、35.5%増加[経済]

 カンボジア経済財政省の報告によると、カンボジア国内のライセンス受諾済みの69のカジノからの徴税額が、今年1月からの9ヶ月間で前年同期比35.5%増加、3740万ドルに達した。

 昨年からの政府による透明性向上の政策努力が、徴税額増加に寄与したとプノンペンポスト紙は報じている。

 プノンペンにあるカジノ、ナガワールドの徴税額は全税収の43%を占める1600万ドルだった。

関連記事
観光
シェムリアップ-重慶間の直行便 さらに多くの中国人観光客が集まる[観光]
(21日)
経済
シェムリアップ・ソットニクム地区に50ヘクタールの新空港建設[経済]
(06日)
経済
シアヌークビル 不動産価値の上昇は続くがバブルの可能性も指摘[経済]
(02日)
観光
フン・セン首相 観光業の益々の推進に意欲[観光]
(01日)
観光
イスラエルとの直行便に向け 覚書締結 カンボジア[観光]
(09月19日)
法律
租税やマネロン監視含むカジノ関連法案 今月中に内閣提出 カンボジア[法律]
(09月13日)
あわせて読みたい
注目
サン&ムーンホテルでハロウィン仮装パーティーが開催!
注目
サン&ムーンのジムで健康に メンバーシップへのスペシャルパッケージ
注目
Early Birdの快適で気持ちいいマッサージのスペシャルプロモーション
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース