カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年10月17日
  • カンボジアニュース

カンポットペッパーの売上げが世界的に好調[経済]

 カンポットペッパーの売上げが、国内的にも世界的にも好調だ。「カンポット」という地理的表示のステータス評価が、欧米市場で非常に好まれている。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジアのカンポットペッパー振興会会長は、「市場は成長し続けており、去年の需要は約400トンだった。しかし、今年の供給目標は70トンだ。昨年の供給量はは60トンで、2014年の生産高の2倍だ」と語った。

 同会長によれば、品質やパッケージなどが大幅に改善され、カンポットペッパーのブランド力が向上、その結果として売値の上昇につながっているという。欧米や東南アジア市場からの需要が大きい。現在の価格は、黒コショウは1キロあたり15ドル、赤コショウ25ドル、白コショウ28ドルだ。

 国全体でのコショウ栽培エリアは延べ6000ヘクタール、生産高は1万2000トンで、約20か国へ輸出されている。

関連記事
経済
バナナ農家に政府への登録を指示 カンボジア[経済]
(16日)
経済
上位中所得国を目指すカンボジアへ支援を継続するようEUに要請[経済]
(08日)
経済
商業大臣 バッタンバンの製粉工場への投資を中国企業に要請[経済]
(07日)
経済
シェムリアップとコンポントム州で新しい有機野菜市場が開設[経済]
(01日)
経済
カンボジア開発協議会 今年上半期で総額35億ドルのプロジェクトを承認[経済]
(07月31日)
社会
食品安全プログラムは4年間の延長へ メコン研究所[社会]
(07月26日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース