カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年10月12日
  • カンボジアニュース

習国家主席のカンボジア訪問により、農産物の輸出拡大図る[経済]

news_201610131
(c)Khmer Times

 来週に予定されている中国の習近平国家主席のカンボジア訪問により、中国への農業輸出の増加が期待される。

 フン・セン首相は10月6日、「国家主席の滞在中に二国間協力協定が締結される予定であり、白米やキャッサバなど既存の農産物に加え、バナナを含めた他の農産物の輸出拡大を図る」と述べ、近年の価格下落やキャッシュフローの課題、適切な貯蔵施設の欠如など、業界の問題解決に3億ドルの融資を要請した。

 カンボジアコメ協会(CRF)の副会長は、「3億ドルの特別融資は、穀物乾燥機や倉庫建設に使用されるだろう」と述べ、9月のフン・セン首相の訪問では、中国に年間20万トンのカンボジア精米を輸出することで合意している。

 政府統計によると、10万トンの年間輸出のうち、今年最初の9ヶ月間で中国へ約6万4000トンを輸出した。これは前年同期に比べ2.1%減だった。

関連記事
経済
二国間協定の一環で中国人専門家が農業研究を開始 カンボジア[経済]
(17日)
経済
日本への輸出 今年上半期は2桁成長まで回復 カンボジア[経済]
(03日)
経済
カンボジアとタイでQRコード支払いシステム計画始動[経済]
(07月27日)
経済
「日本政府はインフラ資金を削除しない」 カンボジア運輸大臣[経済]
(07月25日)
未分類
欧州連合との貿易協定についての話し合い カンボジア[経済]
(07月12日)
経済
キャッサバ産業の新たな国家政策 カンボジア[経済]
(07月12日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース