カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年9月27日
  • カンボジアニュース

タイ系生命保険会社、バンコク・ライフ・アシュアランスがカンボジアに参入[経済]

 バンコク・ライフ・アシュアランス(Bangkok Life Assurance=BLA)が、カンボジア国内で4番目の生命保険会社として参入する予定だと9月23日に発表した。

 BLAの社長代理は先週の記者会見で、「サービスの提供前に終身保険や生命貯蓄保険のテストを行う」と話し、「CLMV(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)市場の中からより多くのビジネスチャンスを模索しており、カンボジアで来年、損益分岐点に達することを期待する」とバンコクポストに語っている。

 BLAはタイ第6位の生命保険会社で、カンボジアでのタイ保険会社としては2社目となる予定だ。BLA(カンボジア)の52%の株式を保持し、登録資本金は700万ドル、今年8月にタイ証券取引所に通知している。

 2012年に参入したカナダの生命保険会社マニュライフのロバート・エリオットCEOは、「業界はまだ黎明期であり、健康と着実な成長の印としてこのニュースを歓迎している」と述べている。

 カンボジア保険協会によると、2016年の第1四半期の生命保険の総保険料は、前年同期比123%増の890万ドルだった。

関連記事
経済
台湾系保険会社 カンボジアへ進出[経済]
(07日)
経済
マレーシア資本の保険会社 カンボジアへ進出検討[経済]
(11月27日)
経済
マニュライフ生命保険 6支店目 シアヌークビルへ進出 カンボジア[経済]
(11月14日)
経済
IT企業が保険会社向け製品開発のため新たな提携開始 カンボジア[経済]
(07月16日)
経済
カンボジアの保険業界 2018年も好調なスタート[経済]
(07月11日)
経済
マニュライフ生命保険とサタパナ銀行がパートナーシップ カンボジア[経済]
(06月23日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの保険業界に、これまで少なかった「代理店」というシステムを[金融・保険] ibs (1/3)
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
業界
カンボジア初の生命保険会社マニュライフ、世界中から集めたスタッフ陣で乗り越える[保険]ロバート・J・エリオット
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース