カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年8月8日
  • カンボジアニュース

投資を呼び込むコーポレート・ガバナンス、カンボジアの若い世代に期待[経済]

news_201608083
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアでは、コーポレート・ガバナンスの改善余地が非常に多くある。

 国際金融公社(IFC)の太平洋・東アジア地域担当のジェームズ・クリストファー・ラズーク氏によれば、ASEAN経済共同体(AEC)における地域経済統合の進行とともに、信頼をもたらすコーポレート・ガバナンスが新しい投資を呼び込む上での重要なカギとなっている。

 一方で、「他のASEAN諸国と比較すると、カンボジアの場合は改善する余地が多くあり、透明性の観点では会社によって大きな差がある」と指摘したうえで、家族経営又は国営企業らは、企業の維持・発展のため、きちんとした取締役会や運営システムを設置し、ビジネスにおける適切な行動をとるべきと述べた。

 ある法律コンサルファームの責任者によれば、カンボジアのビジネスは若い世代が新しいマネジメントプランなどを導入するにつれ、伝統的な運営スタイルから、プロフェッショナルなものへと転換しつつあるという。



 また、ある会計事務所の責任者は、カンボジアのビジネスにおける伝統的なマネジメントシステムは、現在多くの困難に直面していると話す。「こういった運営方法の企業は、コーポレート・ガバナンスとは何かが分かっていないために会計報告もなく、多くの利益相反やリスクに直面する。また投資家からの信頼もない」という。

 しかし5年前に比べれると、より厳格な徴税や法の実行といった政府の努力によってコーポレート・ガバナンスは徐々に浸透しつつあるという。

 「若い世代が企業マネジメントのあり方を変え始めているため、カンボジアのビジネスがさらに成長するのに時間は長くかからないだろう」と同氏は語っている。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース