カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年7月21日
  • カンボジアニュース

ASEAN加盟国、グローバルな競争力を高めるためASEAN砂糖同盟の形成に合意

news_20160721
(c)Khmer Times

 カンボジアは7月16日バンコクで、他6か国のASEAN加盟国、タイ、マレーシア、インドネシア、ミャンマー、ベトナム、フィリピン、タイと共に、今後2年間、地域の砂糖産業をサポートし、グローバルな競争力を高めるためのASEAN砂糖同盟(Asean Sugar Alliance=ASA)を形成する合意に達した。

 7月19日のミャンマー・タイムズの報道によると、ASAは、1984年にタイで制定された「さとうきび及び砂糖法」に基づき、農家や製粉業者間で収入シェアを行い、また、業界ボードや緊急時資金の制定は、価格ショックや気候変動に対するクッションとなるという。

 ASAの前身は、AECの砂糖部門を強化するため、2012年11月 にタイ、フィリピン、インドネシアの3か国で構成されたもので、プノンペン・シュガーのダイレクターは以前クメールタイムズ紙に、「ASEAN加盟国は、各国毎に業界保護のポリシーを持っており、AECが機能しても、特別な貿易特恵を持つ製品として砂糖を扱うことが出来るか分からない」と話していた。

 ASEANは人口6億人に対し、年間の砂糖生産量は約1700万トン、消費量は1400万トンで、国際砂糖機関によると、平均して1人当たり年間約23キロの砂糖を消費する。

 タイ、インドネシア、フィリピンだけで1500万トンを生産し、一方、カンボジアは約50~60万トンの砂糖を輸入しているが、消費はわずか約10~15万トンで残りは再輸出される。タイはカンボジアの主要輸出国である。

関連記事
経済
ヴェイン大臣「農業分野の課題を解決するために全力を尽くす」[経済]
(01月05日)
経済
カンボジア ゴム輸出 価格変動に関わらず36%増加[経済]
(01月03日)
経済
農林水産省 中国企業とマンゴー輸出に関して500万ドルの協定に調印[経済]
(01月01日)
経済
カンボジア、ベトナム、ラオス間で貿易、観光、農業の協力関係を強化[経済]
(12月23日)
経済
欧州系企業 カンボジアにゴム工場の稼働計画[経済]
(12月20日)
経済
ベトナム カンボジアでのカシューナッツ生産を支援[経済]
(12月14日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース