カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月5日
  • カンボジアニュース

タイのトゥルーマネー、ニロン・マイクロファイナンスと提携を発表[経済]

news_20160505_mini
(c)Khmer Times

 29日、電子決済サービスのトゥルーマネー社(TrueMoney (Cambodia) Ltd.)が、二ロン・マイクロファイナンス社(Niron Microfinance Plc)と提携することを発表した。マイクロファイナンスの債務者はローンを同社のサービスを使って返済することができるようになる。

 トゥルーマネー社はタイのコングロマリットであるCPグループ(Charoen Pokhand Group)に属し、タイ国内に5000以上の代理店を保有している。タイを基盤とする同社のネットワークはフィリピン、インドネシア、ミャンマー、ベトナムにまで拡大しており、今年末までに残りのASEANの国々まで拡大する予定だと言う。

 二ロン社の責任者は、「この提携によって6万人の顧客がより便利に、より安く、より早くて安全にローン返済ができるようになる。さらに当社の54の支店でスタッフの作業を軽減できるようになる。トゥルーマネーの技術は安全な送金と安価な手数料を実現でき、2500リエル(=約65円)の手数料で200ドルまで送金できる」とクメールタイムズ紙に語った。

 トゥルーマネー社は急速にカンボジアで拡大しており、すでに様々な銀行やマイクロファイナンス機関と提携している。

関連記事
労働
ASEAN経済共同体 移住者の権利保護を強化[労働]
(21日)
経済
MFIへの海外からの融資資金の利子 源泉徴収税を軽減[経済]
(16日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(14日)
観光
フン・セン首相 エコツーリズムの開発に向けたタスクフォースを設立[観光]
(09日)
観光
アンコール遺跡のチケット売上71%増加[観光]
(07日)
経済
カンボジアビール プレミアリーグのビールパートナーに[経済]
(06日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース