カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年3月13日
  • カンボジアニュース

大いなる可能性を秘めるカンボジアのヴァージン・ココナッツ・オイル産業[経済]

news_20160312
(c)Phnom Penh Post

カンボジアにはオーガニックを証明するための基準がないため、現地生産のオーガニック製品を手に入れるのは容易ではない。この需要に応えられるブランドがココ・クメール社で、設立2年目でカンボジアでは未開拓のオーガニック業界をけん引している。

同社は9種類、23製品を製造している(石鹸は含まない)。瓶詰めのヴァージン・ココナッツ・オイル、リップバーム、アフターシェイブバーム、ベビークリーム、マッサージクリーム、ナーガバーム、ボディースクラブなどだ。自社店舗は持っていないがプノンペン、シェムリアップ、カンポットの10以上の店舗に供給している。さらに、スイス、スロバキア、オーストラリア、カナダ、アメリカ、オーストリアへの輸出も開始している。

プノンペンポスト紙の取材に対し、同社の関係者は、「シンガポール以外では、カンボジアがASEANで唯一ココナッツ産業の無い国で、当時はまだ先行者利益を享受できる環境だった」と設立の経緯を説明した。

ベトナム、フィリピン、タイなどアジアでココナッツ産業が成熟している国のほとんどは、ヤシの高齢化問題に直面している。ヤシの寿命は100年程度であるが、大半の国のヤシは樹齢60年に達しており、今後収量が減少し始めるだろう。さらに、これまで数千ヘクタールのヤシの木が、他の換金性の高い作物を栽培するために森林伐採され、失われてきている。

対照的に、カンボジアには植林用の手頃な土地が豊富にあり、ヤシの生える土地を所有する個人農家も多い。ヤシは植林からわずか3年で収穫を開始することができ、60~70年間にわたって成長していく。ココナッツ加工場と技術に投資し、適切な農園管理と個人農家の支援を得られれば、カンボジアは、ココナッツ・オイル市場で国際的に重要な地位になりうる可能性があり、国内のGDPに貢献できる成長分野になるかもしれない。

関連記事
社会
カンボジアは深刻な眼科医不足[社会]
(18日)
経済
プノンペンの商業スペースの供給が見込減[経済]
(17日)
社会
プノンペン都に「お金の博物館」がオープン カンボジア [社会]
(09日)
社会
カンボジア新年に向け公共交通機関を無料提供 [社会]
(08日)
社会
プノンペン都 カンボジア日本友好橋再開通 [社会]
(04日)
社会
プノンペン王立大学の学生チームが3Dプリンターを自作 カンボジア[社会]
(03日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース