カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2014年9月18日
  • カンボジアニュース

縫製工場労働者、プチュンバン(カンボジアのお盆)後に抗議活動を予定[経済]

a

 労働者運動共同連合(Collective Union of Movement of Workers)のパウ・シーナー代表によると、カンボジア国内の縫製工場の労働者の内約2万人は、プチュンバン(カンボジアのお盆に当たる期間)の休暇後の10月初旬に給与を適正な値に上げることを要求する抗議活動を行う予定だ。

 労働者運動共同連合と全18の労働組合は、もし労働省が法定賃金を適正な値に値上げすることを表明しなければ、労働者を動員し市内の自由広場にて抗議活動を行うとしており、抗議活動では縫製製品を発注する海外の国の大使館にも向かう予定だとしている。

 パウ・シーナー代表は活動に関して「組合の代表は最低賃金を150ドルに必ず賃上げするよう要求する。この要求は海外からの製品発注者にも受け入れられるだろう」と述べた。

 全労働組合は8月8日に集会開き、労働省に対して150ドルへの賃上げを要求しているが、労働省側は急な値上げはできないとして、引き上げ額を110ドルまでしか応じていない。労働省は今後の賃金規定に関してはまだ検討中であり、2014年9月26日には再度発表を行うとしている。

tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
グランドツインズインターナショナル 第2四半期の純利益、54%減少[経済]
(19日)
労働
カンボジア 1000人のメイドを香港に派遣する計画[労働]
(11日)
経済
メイバンクにより設立されたシルク織物訓練センター 地方の女性雇用に貢献[経済]
(04日)
経済
カンボジア縫製業界 米国に特恵関税制度の見直しを要求[経済]
(07月27日)
経済
今年上半期の衣類産業における海外投資が減少 カンボジア国立銀行[経済]
(07月25日)
経済
カンボジア縫製業協会が反発 訓練機関の運営方法への批判を受け[経済]
(07月14日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース