カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2014年6月8日

カンボジアの薬局事情[医療・医薬]チア・ビラック (2/2)

医療・医薬

ウェスタン・ファーマシー Western pharmacy
CEO: チア・ビラック Chea Vireak
13歳までカンボジアで過ごした後、アメリカに渡ったチア・ビラック氏。アメリカで薬剤師資格を取得し、アメリカの大型チェーン薬局で約10年間勤務。その後に独立し、自身の薬局も設立した。しかし、実父の脳卒中を機にカンボジアに帰国。現在、2012年から開業したウェスタン・ファーマシーは大手チェーンとして急成長中だ。CEOである彼に、医薬業界について話を伺った。
患者のことを考えた薬剤師の役割とは

(前編からの続き)
―― 薬剤師と医師の役割の違いは何でしょうか?

チア・ビラック(以下、チア) 薬剤師は医師と違って診断や処方を行うことができません。それは法律で明確に定められているからです。処方箋が無いと販売できない薬もあるのですが、カンボジアでは、そのような薬でも処方箋なしで販売している店がほとんどです。

 ウェスタン・ファーマーシーでは、もし薬剤師の範疇を超える相談が来た場合には、病院の診察を薦めています。薬剤師に対しては診断を行わないように話をしています。薬剤師がやっているのは、症状を診るだけではなく、その原因などを深く聞くこと。それを踏まえて処方箋のいらない薬をお渡しすることです。

 将来、きちんとした対応ができない薬局には人が行かないようになるのではないでしょうか。きちんと相談に乗ったうえで薬をお渡しすることが必要だと思います。

 医薬業界に関する法律は十分に整備されていると思いますが、その執行を管理する者が足りておらず、法律通り運用されていないのが現状です。保健省のスタッフは頑張っていますが、人数が少ないのです。

患者教育の重要性

―― 他の薬局では行っていない取り組みなどはありますか?

チア ウェスタン・ファーマシーでは、お客様に血圧測定を無料で行っています。これをやっているのは、私たちは患者教育が必要だと考えるからです。お客様ご自身で自分の健康管理を行ってもらう。どうやって適切に機器を使うかなどを、スタッフが患者に丁寧にご説明します。予防は治療に勝る。そのためにもお客様には適切な習慣を付けて欲しいと思っています。

医薬分野で進出する企業へのアドバイス

―― カンボジアで医薬分野で進出する上でのアドバイスはありますか。

チア まず、薬局の運営としては、適切なサプライヤーを見つけることが大変です。多くの製品・機器を日本から輸入する必要があります。次に、スキルのあるスタッフを採用すること。今は基礎教育が整ってきているので、近い将来、スキルのあるスタッフがもっと増えていくでしょう。

 製薬企業の場合は、言語やコミュニケーション。次に、流通の問題があります。許認可取得も大変ですし、日本語の書類をすべて英語に翻訳する必要もあります。また、文化の違いも大きく、カンボジアに関する知識を持っていることが必要です。

 しかし、カンボジアに来ることを恐れないで欲しいですね。私たちは、品質の高い製品がカンボジアにやってくることを待っています。いずれにしても、進出する際には適切なパートナーを選ぶことが一番重要です。(取材日/2015年3月)


ウェスタン・ファーマシー Western pharmacy
事業内容:医薬品小売業
URL: https://www.facebook.com/WesternPharmacy?rf=271871882985602
関連記事
労働
タケオ州の縫製工場で100人以上の大量失神[労働]
(08日)
経済
インドの製薬会社がプノンペン特別経済区に工場設立[経済]
(11月28日)
社会
医師からの処方箋なしでの抗生物質の販売を禁止か カンボジア[社会]
(11月17日)
コラム
カンボジアでもインフルエンザは油断大敵[コラム]
(11月06日)
経済
インド企業 カンボジアへの医療品輸出を強化[経済]
(10月18日)
社会
エイズ、結核、マラリア対策へ米国NPO団体が8300万ドルの寄付[社会]
(10月16日)
あわせて読みたい
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の11月のスペシャルプロモーション

その他の「医療・医薬」の業界インタビュー