カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

ターゲットを理解したデザインが問われる[建築・内装]パヴェウ・シウデスキー

建築・内装

ザ・ルーム The room
デザインダイレクター&アーキテクト: パヴェウ・シウデスキー Pawel Siudecki
2009年にカンボジアで設立され、先進的なデザインで数々の実績を持つ内装会社、ザ・ルーム。デザインダイレクター&アーキテクトのパヴェウ・シウデスキー氏にカンボジアの建築デザイン産業の現状について話を伺った。
カンボジア建築の品質と革新にはもう少し時間が必要

――会社の紹介をお願いします。

 ルームデザインスタジオは、2009年初めにカンボジアで設立された独立した建築事務所です。この約2ヶ月後(2019年初め)にカンボジアでの事業10周年を祝います。過去4年間で、プロジェクト規模の点で一定ではあるが安定した成長に留意し、サービスの範囲を広げ、チームの機能を拡張しました。

 約20人以上の建築デザインの専門家による実践は、都市空間、マスタープラン、建物、職場をさまざまなスケールで作成します。私たちが創り出すアーキテクチャは、持続可能で人間中心であり、ダイナミックな現実の現実に適応できることを保証します。ある意味で、私たちは街の未来を予見し、それを改善するために全力を尽くそうとしています。
次の2年間の部屋の目的は、国や文化を超えて働くことです。


――カンボジアのデザイン産業の現状について教えてください。

 カンボジアの建築家のボードによると、アプリがあります。 プノンペンには3000人の現地人の活動的な建築家と3500人以上の学生がいます。カンボジアの建築家協会には50以上の建築会社が登録されています。そして自由なデザイナーの膨大な市場があります。建設業と不動産業は年率6〜7%の成長を見込んでいます。

 私はカンボジアのデザイン産業の現状を新興企業として説明します。建築と不動産業界の急速な発展は、若手デザイナーだけでなく経験豊富な建築家の慣習を必要としています。設計の価値を基本的に理解しているクライアントは、今から選択するための幅広い選択肢と予算オプションを持っています。

 残念なことに、そのような早いペースの成長・発展は、同様に負の合流を引き起こします。市場では、プランナーと建築家が高い圧力をかけて作業するため、技術文書は非常に短期間で準備されています。このような状況は、適切な構造計算や適切な設計されたサービスがない場合、レンダリング(データから建築に起こすこと)に基づいて多数の建物が建てられている状況につながります。そのようなクリエイティブの技術的な寿命と不動産の地位は、地方または外国の基準や規則に基づいて構築されたものよりもずっと短くなります。

 私は(カンボジアにおける)建築の品質と革新がまだもう少しの忍耐と時間を必要とし、投資家がすぐにそれを理解することを願っています。

世界の建築物の80%が建築家や他の専門家の関与なしに建設されている

――カンボジアにおける将来のデザイン産業の期待。

 世界の建築物の80%が建築家や他の専門家の関与なしに計画され、建設されています。人々は自分で家を作ります。The Roomでは、受容性と人間中心のアプローチを組み合わせた持続可能なデザインの推進に取り組んでいます。言い換えれば、私たちは一般的な生活条件や私たちの周りの空間を改善するために全力で取り組んでいます。

 近い将来、地元の専門家がデザイナーの行動規範を改善することにもっと関わっていることは間違いありません。より安全で人間中心の都市をつくることができます。

 私はまた、ある時点で、カンボジア人がデザインと建築を始めてくれることを願っています。近代的な設計ソリューションと建築技術を組み合わせ、地元の地域、地域のアイデンティティと長寿に重点を置いています。


ザ・ルーム The room
事業内容:
URL:

その他の「建築・内装」の業界インタビュー