カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

グローバルネットワークで、総合診療から緊急搬送までトータルに対応[医療・医薬]クレア・ウェビン

医療・医薬

インターナショナルSOSプノンペンクリニック International SOS Phnom Penh Clinic
Medical Doctor: クレア・ウェビン Claire Uebbing
バンコック、シンガポール、東京ほか独自のグローバルネットワークにより総合診療から緊急搬送までトータルに対応しているインターナショナルSOS。プノンペンクリニックで診療する外国人医師の一人、クレア・ウェビン氏と、日本顧客サポートマネージャーの奥野留美子氏にカンボジアの医療などについて伺った。(取材日/2014年1月)
カンボジアの医療水準と救急への対応

クレア・ウェビン(以下、ウェビン) カンボジアの医療はいまだ国際水準ではありません。一番の問題は衛生観念の欠如と、正しい診断を行うための医療器具の不足が挙げられます。また、日本やヨーロッパ諸国に比べると医師の教育レベルも低く、多くの専門家がいるという状況ではありません。カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムなどの東南アジア諸国の医療レベルはほとんど同じですが、タイには数多くの国際標準病院があり、診断のための医療設備、専門医、専門科が整っています。

仮にカンボジアで病気になった場合、国際標準の治療を受けられる病院は、プノンペンのインターナショナルSOSクリニックを含めてごく僅かです。農村で怪我や重篤な病気になった場合、初期治療を受ける医療機関の選択肢はないでしょう。しかし、もしあなたが海外旅行保険に入っていれば、その後最寄の医療適格地(バンコク、シンガポールなど)に搬送してもらい、そこで適切な治療を受けることが可能になります。

奥野留美子(以下、奥野) 先進国で臨床経験のあるカンボジア人専門医とのネットワーク作りは非常に大切です。当院だけでの検査に限界がある場合、これらの専門医に更なる検査をしてもらい、当院担当医が具体的な治療方針を立て、適切な治療を(現地で)行うことが徐々に可能になってきました。これに伴い、バンコクやシンガポールへのReferral (紹介)をする必要がないケースも出てきてはいます。

しかしながら病状が重篤であったり、合併症が考えられたり、後遺症が危惧される場合はやはり最寄の医療適格地(バンコク、シンガポール)への搬送が必要となります。救急対応のため、当院では24時間クリニックをオープンしています。ご容態が安定するまで、救急治療を行い、観察。そのまま商用機、重篤な場合は当社医療搬送専用機で最寄の医療適格地へ搬送することもあります。

カンボジアでの病院・保険の選び方

ウェビン 一般的に、カンボジアでいい病院を選ぶのは簡単なことではありません。残念なことに、多くの病院が間違った診断をし、自分たちの能力以上の治療ができると宣伝します。しかし、実際には医師の教育不足や医師を監督する医師会が不在のため、信頼できる医療機関となっていないのです。一番の選択基準は、国際標準の医療を導入している病院を探すことです。つまり、先進国での留学を経験している医師や、外国籍でその国の医師免許を持つ医師を探すことです。

多くの保険代理店は、地域医療レベルに対する知識がありません。そのため、海外搬送費用も付帯している保険を選ぶのが一番だと思います。カンボジアの医療費は概して先進国に比べて安くなっています。しかし、自国で治療を受ける際には、社会健康保険や国民健康保険があり全額を支払わないため、カンボジアの医療は高額だと感じるかもしれません。

奥野 社会健康保険や国民健康保険がある日本と違い、医療費用は100%の負担となります。やはり海外旅行保険がなかったり、患者様がご所属の会社に請求をあげられない場合は出費が大きいですね。
現地採用の方には、十分な保障内容の海外旅行保険をお持ちの方、保障内容が不十分な海外旅行保険をお持ちの方、カード付帯海外旅行保険をお持ちの方、保険は全くなく小額の現金のみ所持されている方などさまざまです。

カンボジアでの健康管理と予防接種

ウェビン カンボジアで健康な生活を送るために必要なことは、衛生環境に配慮し、手をしっかり洗い、食べ物の調理をしっかりすることです。ローカルの飲食店や市場では、衛生的に適切な処置がされていない場合が多く、食後に体調を崩してしまうことがあります。また、空気中に存在する粉塵やかびによる呼吸器系の病気も一般的です。喘息やアレルギーの方はカンボジアで悪化する可能性もあります。

H5N1(A型インフルエンザの亜型で、トリインフルエンザを引き起こす)はカンボジアで発症しました。保険省によれば、2013年には26件の発症が確認され、その半数が死に至っています。発症者のすべてが、病気に感染していた家禽類もしくはその死体と接触しています。ですから、最も有効な予防手段は家禽類に近づかないことだと言えます。もし、必要であればタミフルの処方もされます。また、交通法規が脆弱なため、交通事故は頻発しています。事故を防ぐためにはバイクに乗らない、歩きでも道を横切る時には素早く大胆に渡る必要があります。

SOSでは数多くの種類のワクチン接種を承っています。多くのワクチンが、その効果が現れるまでに一か月ほど必要としますので、旅に出る前にワクチンを打つことができるのであればそれが一番だと思います。カンボジアでは特に、A、B型肝炎、腸チフス、日本脳炎、破傷風、狂犬病のワクチン接種が重要です。いくつかのワクチンは自国ではかなり高額でも、カンボジアでは安価です。もし、すぐに農村に行く予定がなければ、いくつかのワクチン接種は、渡航してからという選択肢もありだと思います。(取材日/2014年1月)


インターナショナルSOSプノンペンクリニック International SOS Phnom Penh Clinic
事業内容:専門医常駐、家庭医学全般、予防接種、健康診断、医療搬送など
URL: http://internationalsos.co.jp/cambodiaclinic/phnompenh.html
関連記事
社会
気候変動によりバッタンバン州で59人が中毒に[社会]
(20日)
社会
カンボジアに40万人のうつ病患者 カンボジア保健省[社会]
(09日)
社会
スイス政府 カンボジアにある子供病院への支援を誓約[社会]
(06日)
経済
ベトナム産豚肉を食べないよう警告 カンボジア農林水産省[経済]
(03月23日)
社会
2016年のマラリア症例数は急激な減少も依然脅威は続く[社会]
(02月15日)
社会
地雷の犠牲者減少も 被害今なお続く[社会]
(01月22日)
あわせて読みたい
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の11月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の10月のスペシャルプロモーション
注目
サンライズジャパン病院が9月20日(火)に開院式典を開催

その他の「医療・医薬」の業界インタビュー

人気記事ランキング