カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

業界別インタビュー

2016年7月15日

カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン

金融・保険

インフィニティ損害保険 Infinity General Insurance Plc.
CEO: マイケル・グリーン Michael Girling
日本人の加入者も多く、カンボジア第2位のシェアを誇る、インフィニティ総合保険。CEOのマイケル・グリーン氏に、保険業界の歴史や展望など、ますます今後の伸びが期待される保険業界について、話しを伺った。(取材日/2016年4月)
強力なパートナシップで様々なお客様のニーズをカバー

―――企業紹介をお願いします

マイケル・グリーン(以下、グリーン) インフィニティ損害保険は、健康保険や損害保険を取り扱い、保険会社としてはカンボジアで第二位、カンボジア人所有のものだと国内最大の保険会社です。損保ジャパン日本興亜などの強力な保険会社ともパートナシップを結んでおり、カンボジアで働く現地従業員や日本人のお客様のためNGOなども含めた中小企業から、国際的な大企業まで、あらゆるリスクに備えて、顧客のニーズに対応した優れた保険サービスを取り揃えています。法人向けの製品には定評があり、それが広く評価されているんですよ。

 経営陣は、オーストラリア、イギリス、ニュージーランドなど成熟市場で50年にわたり培った経験を活かしています。また、アジア有数の保険教育ANZIIFに則った国内唯一の保険会社でスタッフの育成にもコミットしていますね。

大手保険会社はたった6つ

―――カンボジアの保険業界について教えて下さい

グリーン 1975年から1992年まで、カンボジアに保険会社は1つもありませんでした。 1992年に経済財務省の一部門としてカンボジア・ナショナル・インシュアランス・カンパニー( Caminco )が設立され、1996年には初めての外資系保険会社としてアジア・インシュアランスが事業を開始、続いて1998年にフォルテインシュアランス。カンボジア・ベトナム保険会社に続く2年後、2007年にインフィニティ損害保険会社とCampu Lonpac保険会社が誕生しました。2009年からは保険市場への大規模な新規参入はありません。

 カンボジアの保険業界はまだまだ幼いですね。2015年はたった6つの保険会社で、非生命保険を除くと5300万ドルの利益がありました。これら正規の保険会社は、個人や企業向けに、地元の保険代理店では及ばないような部分を広くカバーしていますよ。民間によるローカルの販売代理店や販売代理人は、不動産、自動車、損害、エンジニアリング、貨物などで20%のシェアを持っています。ライセンスを伴わない事業活動は認められていません。

平均21%の伸び率を見せる保険業界

―――今後の見通しを教えて下さい

グリーン 保険市場は引き続き成長していくでしょう。2009年から2014年からの5年間、保険業界は平均して毎年21%の成長を続け、2014年から昨年かけては26.7%と記録的な増加となりました。国の経済成長と共に外国からの投資も伸びていき、保険市場も他のアジアよりはるかに高い速度での成長が期待されます。外資系企業によるカンボジアへの関心の高まりが予想されますね。(取材日/2016年4月)


インフィニティ損害保険 Infinity General Insurance Plc.
事業内容:総合保険
URL: http://www.infinity.com.kh/
関連記事
社会
フン・セン首相 政府に批判的な新聞に対し納税を要求[社会]
(08日)
社会
地雷と不発弾による死者・負傷者 昨年よりも6割減少[社会]
(01日)
社会
2022年までに モンドルキリ州で8頭のトラを放つ[社会]
(07月21日)
社会
トルコ大使 プノンペンのインターナショナルスクールの閉鎖を依然として要求[社会]
(07月17日)
経済
カンボジア・タイ間で保険の規制強化の契約を締結[経済]
(07月12日)
社会
交通法改定後 減らぬ交通事故による犠牲者 カンボジア[社会]
(07月06日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアにおける保険に対する認識が変化 [医療・医薬] ジェフリー・ウィッタカー
業界
カンボジアの保険業界に、これまで少なかった「代理店」というシステムを[金融・保険] ibs (1/3)
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
業界
今後も大きな成長産業になると期待。フォルテ保険[保険]チャールズ・チェオ

その他の「保険」の業界インタビュー