カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 法律
  • 2016年12月16日
  • カンボジアニュース

最低賃金関連法草案の三者会議に向け、労働組合の会合で反対姿勢を確認[法律]

news_201612161
(c)Phnom Penh Post

 16日に開催される、最低賃金関連法草案の議論のための、政府関係者、労働組合、雇用主が参加する三者会議に向けて、労働組合は会合を開き、賃金決定プロセスへの批判の制限などの条項の変更を労働職業訓練省へ依頼することを確認した。

 法案は、衣服や履物、その他のセクターの労働者へも現在の最低賃金を拡大していくことが期待されているものの、労働組合などから批判されている。

 カンボジア労働組合連合の代表者は、「地域によって最低賃金が制限される条項などは、受け入れることはできない。全国統一の最低賃金としなければならない」と述べた。

関連記事
労働
カンボジア 1000人のメイドを香港に派遣する計画[労働]
(11日)
経済
メイバンクにより設立されたシルク織物訓練センター 地方の女性雇用に貢献[経済]
(04日)
経済
カンボジア縫製業協会が反発 訓練機関の運営方法への批判を受け[経済]
(07月14日)
労働
カンボジア 日本で働く研修生のための契約締結[労働]
(07月12日)
労働
マイクロファイナンス機関 スタッフの育成基金の設立を発表[労働]
(07月11日)
経済
ASEANマクロ経済リサーチオフィス カンボジア縫製業に改善求む[経済]
(07月11日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
法律の最新ニュースランキング
最新ニュース