カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る(2018/5発刊8号より)

iiio

カンボジアは、東南アジアで最も急成長を遂げている国のひとつであり、2018年〜2020年ではGDP成長率7%を継続すると予測されています。不動産市場は今年も引き続き楽観的であり、価格の引き上げが今年訪れるとの見通しです。しかしながら、カンボジアの地価はタイやベトナムなど近隣諸国に比べてまだ低く伸びしろがあります。今こそ、プノンペン市場のチャンスをお見逃しなく!本記事では、注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアン(CASA By Meridian)とスカイラー・バイ・メリディアン(Skylar By Meridian)ご紹介します。

IMG_1402_editW IMG_1805
プノンペンは昨今、既存のプロジェクトの拡大と新しいハイエンド住宅開発の建設により顕著な飛躍を遂げつつあります。 中でも、格別なエリアであるプノンペンの都市に隣接する独立する島、ダイアモンドアイランドに位置するカサ・バイ・メリディアンは、プノンペン屈指の最新物件で、活気に満ちたコミュニティーを形成しています。カサは商業スペース、オフィス、Regusサービスオフィス、アスコットサービスアパートと分譲住宅で構成される複合開発で、滞在される方の生活の快適性と利便性を最大限に追求しています。お部屋を所有されるオーナーの方、賃貸で入居される方の双方に適した機会と特権を備えた場所です。

開発会社であるメリディアン・インターナショナル・ホールディングは、自社の経験と直感のもと、お客様の期待に沿い、満を持して、2つ目のプロジェクト、スカイラー・バイ・メリディアンの開発に着手しています。(今年完成予定)スカイラー・バイ・メリディアンは、分譲住宅と国際的なサービスアパートの複合開発です。

yui

この洗練された開発は、近代的な都市生活に最適で類まれな現代的なスタイルを備えています。プノンペンの大使館が立ち並ぶ、外交地区の中心に位置する理想的な立地です。建物全体は、27カ国の95以上の都市でグローバルスタンダードのサービスレジデンスの運用を手がける、アスコットグループの中でも、数々の国際的な受賞歴のあるホスピタリティブランドのサマセット(Somerset )が運営します。
スカイラー・バイ・メリディアンでは、海外投資家をはじめ、セカンドハウスとしての購入を希望する方の注目を集めています。プノンペン市内の中でも一目を置かれる閑静な高級住宅エリアに位置し、多数の機能的な共有施設とともに、あなたと家族へあたたかくスタイリッシュなライフスタイルをご提案します。プノンペンという魅惑的な街を更に彩る住宅開発がここにあります。

III - Copy  yui

色、材質、仕上げのデザイン性に優れた照明は、究極の快適さをお楽しみ頂ける仕様です。それだけでなく、設備の一つ一つが、あなたのライフスタイルを適切に補完し、向上させるものになることを目の当たりにするでしょう。

スカイラー・バイ・メリディアンは、この地域では希有な品質基準に基づいて製造されています。世界的に認知されているブランドを使用し、誰もが受けたい贅沢な品質で優雅な生活を堪能頂けます。一切の妥協を許さない品質は、革新的なデザインに深く根ざしており、入居される方に快適さと自信をもたらします。

スタイリッシュなインテリアデザインは、サマセットのサービスレジデンスの特徴的なモダンな雰囲気で贅沢さを演出し、現代的なデザインとヨーロッパのエレガンスを最大限に引き出しています。ワンルーム、1ベッドルーム、2ベッドルームと幅広い選択肢の中から、あなたにあった空間をお選び頂けます。

opo



関連記事
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(01月19日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
経済
フランス プノンペン近代都市化に支援 カンボジア[経済]
(11月10日)
経済
ロイヤルグループとHLHグループが新たなパートナーシップを締結 カンボジア[経済]
(11月06日)
経済
トゥール・コーク区の賃貸マンションの供給が3倍に増加 カンボジア[経済]
(11月03日)
経済
コンドミニアムの供給が僅かに増加 カンボジア[経済]
(10月25日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現

その他の特集記事