カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

金融・保険

2018年02月14日

プノンペン商業銀行(PPCBank)プノンペンタワー支店が店舗移転

2013年から、多くの在住日本人や日系企業を支えてきた、プノンペン商業銀行プノンペンタワー支店及びジャパンデスクが、ジャパンデスクは業務拡大に伴い、オルセー支店に移転し、VIPセンター&ジャパンデスクとして生まれ変わる。

移転日:2018年2月19日(月)
名 称:オルセー支店/VIPセンター&ジャパンデスク
     Ou Ruessei Branch - VIP Center & Japan Desk
住 所:#437, Preah Monivong Blvd. (Corner St. 214),
    Sangkat Boeung Pralit, Khan 7 Makara, Phnom Penh
   (プノンペンタワーより徒歩3分)
電話番号:023-964-037 ※電話番号変更なし

※移転日当日の窓口業務は正午~午後4時までとなる。

関連記事
経済
プノンペン商業銀行(PPCBank) 送金サービス「ウィング」の利用が可能に[経済]
(24日)
経済
プノンペン商業銀行 日本語対応のモバイルバンキングアプリをローンチ[経済]
(06月02日)
経済
カンボジア、依然としてドル支配が続く[経済]
(10月23日)
日系
SBIホールディングス、プノンペン商業銀行株式の全持分を売却[日系]
(02月08日)
経済
今年第2四半期の融資申込みが25%低下 カンボジア信用調査機関報告書[経済]
(09月06日)
経済
カンボジアパブリック銀行、主要税回収機関として経済財務省と覚書を締結[経済]
(06月17日)
あわせて読みたい
注目
商品、サービス、支店網の拡大を通じてより身近な銀行に~開業10周年を迎えるプノンペン商業銀行~
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(2/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談

その他の注目記事