カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年2月24日
  • カンボジアニュース

再びオリンピアシティの建設現場で事故。一般市民が被害[社会]

news_20160224
(c)The Fresh News
 2月22日朝、プノンペンのオリンピックスタジアム周辺にある工事現場の金属フェンスが倒れ、通行中のバイクが損傷する事件が起こった。

 同地域を担当する警察主任によると、オーバーシーズ・カンボジア・インベストメント・コーポレーション(OCIC)によって現在開発が進められている地域(オリンピアシティ)で、2月22日午前10時半頃、2メートルを超える長さのフェンスが女性に落下したと話した。

 「バイクのライトが壊れて持ち主が修理をしたようだが、怪我人はいなかった」と警察主任は話しているが、「開発会社からの話しによればフェンスが倒れたのは風の影響だ」とも語り、開発を進めている企業は責任を負わないと話している。

 速報性の高いニュースサイト、フレッシュ・ニュースによると、フェンスが落ちた原因は風ではなく傍にあったショベルカーがフェンスを越えたためとあるが、警察はそのショベルカーは使用された形跡がなかったとしている。

 なお、開発会社であるOCICのプロジェクトマネージャーであるトゥーチ・サムナンは、この件に関して語ろうとはしない。

 この現場では、15か月前にも12階から落ちた鉄の棒が、バイクで通行する42歳の一般女性の頭部を直撃し死亡するという痛ましい出来事があった。その女性は息子とその婚約者を後部に乗せ、結婚式準備のために目的地に向かう途中だった。

 事故現場のすぐ向かいでペットショップを営むポエン・チワさんは、「これは建設の不備だと思うよ。だって、彼らはしっかりフェンスを固定していなかったんだ」と話すとともに、彼女の死とOCICの元で起きた2件の事故の責任の所在を挙げ、オリンピアシティの開発計画に益々不安が強まっていると語る。

 「僕、そして叔父も含め周りの人達は、みんな以前よりも怖がっているよ。だって鉄の棒が女性を殺した時とほぼ一緒だからね」と彼は付け加えた。
.
logoCDfinal@2x
本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
社会
トゥクトゥク運転手のトランシーバー使用禁止へ[社会]
(04日)
社会
警察の抜き打ち調査 1000箱の中国製偽装ビールが大量処分 カンボジア[社会]
(07月28日)
経済
ナンバープレートにQRコード 2017年末までに実施目指す[経済]
(06月26日)
社会
僧侶の武器違法所持の容疑に対する抗議[社会]
(06月26日)
経済
昨年317件摘発 カンボジアにおける知的財産権の侵害や偽造品[経済]
(05月01日)
経済
絶えない偽造品の増加 米大使館がカンボジアの知的財産権保護の脆弱さ指摘[経済]
(05月02日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
業界
これまでに培った外国人向けの経験やノウハウが特徴。さらに手数料も頂きません [不動産] グラン・フィッツジェラルド
業界
総選挙後には、政治的・経済的安定が正常化し、不動産市場が再び盛り上がる [建設・内装] ミース・プロックサー
業界
変貌するカンボジアの建設業界で大型案件を数多く手がける財閥系企業[建設・内装]トゥーチ・サムナン
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース