カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年2月8日
  • カンボジアニュース

SBIホールディングス、プノンペン商業銀行株式の全持分を売却[日系]

 SBIホールディングス株式会社は2月5日、同社の持分法適用会社であるプノンペン商業銀行株式の全持分を、韓国の全北銀行を中心とするコンソーシアムに譲渡する契約を締結したことを発表した。

 プノンペン商業銀行はSBIホールディングスならびに韓国の子会社SBI貯蓄銀行の出資により2008年9月に設立された。2015年12月末現在の総資産は約500億円、資本金は47億円。SBIホールディングスの出資率は40%だった。

 SBIグループは事業の「選択と集中」としてプノンペン商業銀行株式の売却活動を進めていたが、今回既存株主全員が、総額1億3400万ドルで全北銀行コンソーシアムに譲渡する契約を締結した。

 契約の履行にはカンボジアおよび韓国の金融当局による承認が前提条件となっており、現在は未承認のため本件株式譲渡によるSBIホールディングス連結業績への影響および計上時期は未定となっている。

関連記事
経済
PPCBankは、カンボジア証券取引所で社債の上場を検討[経済]
(03日)
経済
PPCBank、カンボジア国内21店舗に拡大しSMEセンターを新設[経済]
(12月27日)
社会
PPCBank、カンボジアの医療支援で届ける“視力の贈り物”[社会]
(11月27日)
経済
カンボジア中央銀行、銀行間小売決済システムを開始[経済]
(10月17日)
経済
カナダ・ナショナル銀行、ABA銀行を完全子会社化 カンボジア[経済]
(10月08日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(08月16日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
トップインタビュー ANZロイヤル銀行 CEO グラン ナッキー No.1
注目
プノンペン商業銀行(PPCBank)プノンペンタワー支店が店舗移転
注目
商品、サービス、支店網の拡大を通じてより身近な銀行に~開業10周年を迎えるプノンペン商業銀行~
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース