カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2020年2月27日
  • カンボジアニュース

8トンを超える”偽造品”廃棄される カンボジア[社会]

2020_02_27-3
(c)Khmer Times

 コンポントム州のコンポン・スヴァイ郡において25日、昨年没収された20種以上、計8トンの偽造品が廃棄処分された。クメールタイムズが報じた。

 模倣品対策委員会の委員長であるソファナ中将は薬品や食品、飲料を含む22種類もの偽造物について言及した。

 内務省ソー・ケーン大臣が発足した模倣品対策委員会は、健康に有害な模造品の取り締まりを強化するためものであり、全ての食品が安全に消費者のもとに届くよう厳重に対策していく。

 同委員会の委員長によると、来月に薬品を含む100トンを超える偽造品をさらに廃棄処分する。

 同委員会の報告によると、昨年の取締りでは国内の偽造品60点が発見され、そのうちの多くは薬品や品質の悪い食料品、有害な化学成分を含む化粧品だった。

社会の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース