カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2018年8月8日
  • カンボジアニュース

投票率は虚偽と主張のサム・ランシー氏を批判 フン・セン首相[政治]

news_201808082
(c)Phnom Penh Post

 フン・セン首相は、「元野党指導者であるサム・ランシー氏の国政選挙をめぐる虚偽の投票率や脅迫の主張には根拠がない」と誓った。プノンペンポスト紙が報じた。

 首相は、800万人以上の登録有権者の82%以上が投票したことを指摘し、「カンボジア救国党(CNRP)を恐れていない」と述べた。

 元救国党党首のサム氏は、「CNRPは偽の選挙に参加しておらず、CPP(人民党)と国家選挙委員会が提示した投票率は嘘だった」と述べ、国際機関に実際の有権者の投票率を調査するよう要請したという。

政治の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース