カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年11月14日
  • カンボジアニュース

プノンペン国際空港が駐機場を拡大 カンボジア[経済]

news_201911132
(c)Khmer Times

 プノンペン国際空港は、新しい航機場(エプロンB)を建設し、駐機場の拡大に着手する。クメールタイムズ紙が報じた。

 エプロンBは、全長540メートル、幅86メートル。800万ドルの費用をかけ2月から建設する。これにより同空港の駐機場は収容能力は35にまで増加する。

 カンボジアエアポートのアラン・ブルンCEOによると、これらは商業ではなく長期間の駐機に使用されるという。

 民間航空庁マオ・ハーバナル大臣は、「来年のアジア欧州サミットなどの国際的なイベントの際に、外国の高官を乗せた航空機を駐機できるようになる」と述べた。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース