カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月8日
  • カンボジアニュース

中国系ベンチャー 3万トンのバナナ輸出へ カンボジア[経済]

20181008
(c)Khmer Times

 中国資本のベンチャーであるロングメイト・アグリカルチャー社は、約3万トンのバナナを中国に輸出する計画をしている。クメールタイムズ紙が報じた。

 同社は、今年8月、3200万ドルを南部カンポット州のバナナ園に投資すると発表した。同社取締役は、「カンボジアのバナナ部門への初の大規模な投資は、国の経済成長の大きく貢献している。また、雇用を生み出し、貧困を減らし、労働者の移住を防ぐだろう」と述べた。

 また、農林水産省ヴェイン・サコン大臣は、「ロングメイト社のカンボジアへの投資は、部門の近代化、雇用創出、労働者訓練に基づく政府の戦略的政策と一致している」 と述べた。

関連記事
社会
新農林水産大臣にティナ・ディット氏が昇任
(08日)
経済
2020年、40億3700万ドルの農林水産物を輸出 カンボジア[経済]
(01月08日)
経済
需要減のなか畜産物の生産量が増加し、価格は安定 カンボジア[経済] 
(12月07日)
経済
ツバメの巣の輸出には、加工工場への投資が必要 カンボジア[経済]
(16日)
経済
カンポットペッパー総耕作面積4割を占める農家が生産停止 カンボジア[経済]
(05日)
経済
カシューナッツの輸出が好調 対前年比で20%増 カンボジア[経済]
(10月16日)
あわせて読みたい
特集
キリロム工科大学の今を追う 育てるのは企業のデジタルトランスフォーメーションを促すエンジニア
特集
キリロム工科大学 学生寮投資のお願い
特集
卒業生の収入とITレベルが、圧倒的。世界トップレベルのIT事業が始まる。
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース