カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年4月25日
  • カンボジアニュース

米国在住のカンボジア人8人 カンボジアに追放[社会]

news_201704253
(c)Cambodia Daily

 米国在住のカンボジア人8名が、2002年の帰還協定に基づきカンボジアに追放された。カンボジアデイリー紙が報じた。

 2002年の協定では、重罪で有罪判決を受けた場合にはカンボジア人重罪者は追放される可能性があるとされていた。2002年以降551人、昨年においては41人が協定に基づき追放されている。

 カンボジア政府は、追放は自発的なものにするよう協定の再交渉を繰り返し要求しており、また先月、米移民税関捜査局(ICE)に拘束されたカンボジア人の解放を要求する抗議も発生した。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
米国による食品プロモーション活動 カンボジア[経済]
(04日)
経済
米国 バイク製造拠点を中国からカンボジアへ[経済]
(11月20日)
経済
米中貿易戦争の激化 カンボジアに影響必至[経済]
(11月15日)
経済
米国への輸出27パーセント増加 カンボジア[経済]
(11月08日)
経済
米国 カンボジア農業ビジネスに進出か [経済]
(09月28日)
政治
米国、EU大使 国民議会の発足式に出席せず カンボジア[政治]
(09月05日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース