カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

STAFF VOICE

(2018/11発刊9号より)

子供が生まれた瞬間の、お父さんお母さんの笑顔を見たときは本当に幸せです。
ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科
助産師 チャン・チャンノエウン  
27歳。四年制のシアヌークビルの大学で学士を習得、卒業後、小さい頃から の夢である助産師に。医療水準の高いケーマクリニックで働くことをや りがいに感じている。妊娠中で来年出産予定。

ケーマクリニック産婦人科の助産師として働き、今年で3年目。チャンノエウンさんの1日の始まりは、5時半。忙しい時は12時間以上働き、夜勤もある。そんな彼女に、なぜ助産師になったのか、どのように仕事に向き合っているのかを聞いた。

小さい頃の夢から使命感へ

 「元々子供たちの面倒を見ることが好きだったんです」と終始、優しい口調で語りかけてくれたチャンノエウンさん。その影響もあって、子供が産まれる瞬間に立ち会える助産師は、幼い頃からの夢だった。

 助産師になるため、シアヌークビルにあるライフ(LIFE)大学の看護学科へ進学。4年間の勉強を経て、助産師の資格を取得。カンボジアの医療の現状など、様々なことを学ぶ中、彼女は、カンボジアの医療に貢献したいという使命感が出てきたという。「カンボジアは共働きの家庭が多く、お金や時間の問題で病院に行けないが故に、自分の体や体調のケアを疎かにしてしまう人も多いです」。

 カンボジアは助産師の数が少ない。数少ない助産師として、自分が学んできた知識をたくさんの人々に伝えていきたい。そして、たくさんの人々の笑顔を見たい。

自分のことを忘れながら。厳しい医療現場

「患者さんにより良い環境を提供しようと、自分のことはつい忘れがちになってしまって」と微笑みながら語る。女性のため、子供のために一生懸命になる。日勤・夜勤の2シフト制で、基本は12時間労働だが、忙しいときは12時間以上働くことも多々ある。「休日は月に10日間ですが、2・3日仕事が入ることもあります」。

 休日は、基本的に家でゆっくり過ごし、たまにショッピングに出かける。仕事上、家族と過ごす時間があまりない。休日は、家族と一緒に過ごせる大切な時間だ。

 カンボジアの平均年齢は、約24歳。人口も年々伸び続けているこの国では、産婦人科は大きな役割を担っている。最近は、患者さんも増えて、1日70~80人来るという。患者さんが多く、医療現場の人手が足りていないのが現状だ。

 しかし、彼女にとってケーマクリニックは、非常に医療水準の高い病院で、環境的にも恵まれているという。ここでは出産時のほとんどのケアを助産師が行う。それだけ、助産師は、欠かせない存在だ。一方で、カンボジアは病院によっては、助産師が思うように現場に立ち会えないことも多いという。助産師の間での知識レベルも大きく差がある。そのため、この恵まれた環境で、助産師として仕事ができることは、大きなやりがいだ。自分自身の体調管理が、日々忘れがちになってしまう。そこは、日々気をつけているところだ。お腹に赤ちゃんがいる今、その思いは一層強い。

自分がグローバルスタンダードな妊娠・出産の知識を伝えていきたい

 チャンノエウンさんにカンボジアの産婦人科の問題点を聞くと、「知識不足です」という答えが返ってきた。カンボジアの女性、特に地方の女性は、病院に行こうとしない。病院に行く必要がないと思っているからだ。また、シャイな性格もあって、病院に行くことをためらう人も多いという。

 「検査をしないが故に気付かないうちに病気になったり、痛みが出たときにはもう手遅れのことがあります。なぜ検査を受ける必要があるか、知らない人が多いことは問題です」。

 今まで学んできたこと、そしてケーマで得た妊娠・出産に関するグローバルスタンダードな知識を多くの人々に伝えていく。カンボジアの助産師の数は、まだまだ少ない。カンボジアの医療の現状を思う、助産師としての当事者意識は非常に強い。

お父さんとお母さんの笑顔が大きなやりがい

 チャンノエウンさんは、今の職場のサービス、環境、同僚、非常に満足している。だが、激務な上に、責任感も大きく伴う仕事だ。家族と過ごせる時間もあまり多くない。だが、彼女には、この仕事で一番幸せな瞬間があるという。「子供が生まれた瞬間の、お父さんお母さんの笑顔を見たときですね。赤ちゃんも含めて誰かの笑顔を見ていると幸せになります」子供が産まれた瞬間、みんなの笑顔を見たとき、大きなエネルギーをもらう。だから、この仕事は辛いことがあっても大好きだ。

 チャンノエウンさんに日本のイメージを聞いてみた。「とにかく技術力が素晴らしいと思います。家では、日本製の電化製品を使っています。また、カンボジアの橋、学校、建物には日本人により作られたものも多く長持ちしています。発展途上のカンボジアを支えて貰い、感謝しています。また、病院にいらっしゃる日本人患者さんたちもいつもフレンドリーで優しいんですよ」と嬉しそうに語りかけてくれた。

将来は、自分自身で療養所を

現在、大好きな家族4人と共に暮らすチャンノエウンさん。夜勤がないときは、8時ごろ帰宅し、家族みんなの夕食の準備をする。休む間もないが、家族と一緒にいられることが本当に楽しいという。
 
 そんな彼女は、現在妊娠中。来春、お子さんが出産予定だ。今も、日勤を中心に仕事はやり続けている。笑顔を見られる大好きな出産の現場。来年は、自分自身がその時を迎える。最後にチャンノエウンさんに将来の夢を聞いた。「将来的には家族と共に小さな療養所を持ちたいです」。

 ケーマクリニックで働き、3年目。これからしばらくは、ここで働くつもりだ。ただ、将来は、自分自身で療養所を持ち、女性たちに妊娠後や出産後のケアを教えていきたい。
「療養所は、ヨガなども行えるような場所が理想です」。

 女性が居心地の良い環境を作りたいという思いが伝わってくる。まずは目の前の仕事を一生懸命に。これからもチャンノエウンさんは、助産師として使命感を持ち、カンボジアの医療に貢献していく。

一緒に働く日本人のコメント
Comment by a Japanese Colleague
Patient care Manager
サス・ソリニー
Ms.Sath Soliny
 看護師や助産師は、医療の中心で、中でも チャンノエウンさんは模範となる助産師です。 医療チームとして、私たちは一丸となって、患 者さんの病気を治し、命を救い、快適で最適 なケアを提供を行う中で、彼女も女性と子供 たちのために一生懸命になっています。
 KIPCで3年間働いた経験は、彼女にとって 価値のあるものとなり、これからも医療提供 者として、最高の医療を提供すると確信して います。

関連記事
社会
健康診断とがん治療を無料で提供 カンボジア[社会]
(12月01日)
経済
中国江蘇省 シアヌークビルへさらなる投資へ カンボジア[経済]
(11月02日)
社会
カンタボパ小児病院に資金を提供 カンボジア[社会]
(10月14日)
社会
2018年上半期 デング熱の症例数2倍 カンボジア[社会]
(08月01日)
経済
第4回カンボジア医薬フェアが9月にダイアモンドアイランドで開催[経済]
(07月21日)
社会
カンボジア王室からカンタボパ小児病院に100万ドルの恩賜[社会]
(07月12日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション

その他の特集記事