カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2018年10月12日
  • カンボジアニュース

環境に優しい住居の建設を求める カンボジア[政治]

seiji_20181012
(c)Construction & Property

 環境省は持続可能な住宅の設計に関する競争を企画している。コンストラクションアンドプロパティが報じた。

 サイ・サムアル大臣は3日、約40社が参加した、持続可能な環境作りの戦略的計画を立てるための会議で、配管、排水システム、ゴミの分離と管理、環境に優しい住宅の建設方法などの問題を考えるように求めた。

 この競争のイニシアティブは、国際連合開発計画(UNDP)の「持続可能な発展」の目標に沿ったものである。

関連記事
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
労働
建設労働者の最低賃金の設定 待遇改善が期待される カンボジア[労働]
(01月04日)
経済
シアヌークビルにITビルディングが竣工 カンボジア[経済]
(01月03日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
経済
プレアシアヌーク州当局が放置する建材を強制撤去[経済]
(12月25日)
経済
シアヌークビルの建設プロジェクトでホテルの売却を中止 シンガポール系企業[経済]
(12月25日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
政治の最新ニュースランキング
最新ニュース