カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2018年5月27日
  • カンボジアニュース

カンボジアとタイ 移民合法化に向けた話し合い[労働]

 イット・ソムヘーン労働大臣は5月22日、在カンボジアタイ大使と面会し、タイにおける非公式のカンボジア人移住労働者の合法化について協議した。プノンペンポスト紙が報じた。

 イット大臣は、「両国はタイで働くすべてのカンボジア人が6月までに合法的に移民登録されるよう連携している。タイ政府によると、2017年中頃、タイにいる150万人のカンボジア人移住労働者のうち40万人以上が非公式に就労していた」と述べた。

 カンボジア政府は、タイのバンコク、パトゥムターニー県、ラヨーン県にあるセンターを通じ、省庁間の枠を超えて合法化プロセスに取り組むワーキンググループを設立した。

関連記事
観光
カンボジアとタイ 海洋観光協力に合意 [観光]
(17日)
経済
最低賃金が182ドルに決定 カンボジア[経済]
(09日)
経済
東南アジアのゴム部門を活性化させるプロジェクト カンボジア[経済]
(09月26日)
経済
中国系太陽光発電会社 投資を増やす カンボジア[経済]
(09月15日)
政治
カンボジアの社会保障制度を推進する新たなパートナーシップ カンボジア[政治]
(09月11日)
経済
タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]
(08月14日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース