カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年7月8日
  • カンボジアニュース

タイ軍事政権 混乱により外国人就労管理法の一部を施行延期[労働]

news_201707082
(c)Khmer Times

 タイ軍事政権は、6月23日に施行された外国人就労管理法のうち、不法就労関連の罰則に関する条項の施行を年末まで延期した。クメールタイムズ紙が報じた。

 外国人就労管理法は、外国人労働力を調節することを目的とした法で、この影響で、先週、4200人以上のカンボジア人移住者がタイからポイペト国際国境チェックポイント経由で帰国した。

 米国務省は毎年、世界各国における人身売買の実態をまとめた「人身売買報告書(Trafficking in Persons Report)」を発表しており、先月発表された2017年版によると、タイとカンボジアは「段階2において、特に監視対象となる国々(Tier2 Watch List)」として、最下位評価の「段階3(Tier 3)」の一つ上の評価となった。

関連記事
経済
中国系太陽光発電会社 投資を増やす カンボジア[経済]
(15日)
政治
企業に外国人の労働許可を申請するよう指示 カンボジア[政治]
(09日)
経済
タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]
(08月14日)
労働
縫製工場 労働職業訓練省の指示に従い従業員に休暇を与える[労働]
(07月31日)
政治
労働組合は縫製工に投票を促す カンボジア[政治]
(07月26日)
労働
カンボジア人の不法移住労働者7千人 タイから追放[労働]
(07月15日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース