カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年3月7日
  • カンボジアニュース

日本人投資家を導き寄せるセンチュリー21[日系]

センチュリー21に関する記事が現地新聞「クメールタイムズ」誌に取り上げられている。

センチュリー21・カンボジア(チェアマン:クイ・バット、以下、センチュリー21)は、多くの日本人投資家を獲得するために、日系のセンチュリー21富士ハウジング・カンボジア(代表取締役:永松秀行、以下、富士ハウジング)と協業している。富士ハウジングが日本の6支店でもカンボジアの物件を販売しており、2年間で約100人の日本人投資家を集めた。富士ハウジングの関係者は、「低価格なカンボジア物件が日本人投資家の目をひき、現地に当社の支店があることで日本人投資家をカンボジア市場に誘引している」と語った。

センチュリー21の関係者は、「外国からの投資が国内市場の活性化に必要で、カンボジアと日本の両政府の親密な協力関係がカンボジア不動産市場の信頼性を高めており、日本人投資家を増加させている」と語った。

最近では政府関係者も、好景気の建設市場や不動産市場に対する日本人投資家の参入を歓迎している。政府関係者は先月も都市計画の強化のために打ち合わせを行い、「日本人投資家歓迎の準備はできている」と語った。

カンボジア国土整備・都市化・建設省のデータによると、建設部門への投資は2015年に約35億ドルに達し、25億ドルだった2014年と比較すると40パーセント増えた。日本貿易振興機構からの統計によると、2015年、カンボジアからの輸出(衣類、靴など)は約9億6700万ドルに達し、カンボジアへの輸入は 3億190万ドルだった。

関連記事
経済
建設プロジェクト増加も カンボジア人への恩恵は少ない[経済]
(19日)
経済
急速な都市化・人口増加 2030年までに約80万の住宅が必要 カンボジア[経済]
(12月31日)
経済
ボレイやインフラ開発により人気が上昇 チョロイチャンバー区[経済]
(12月12日)
経済
チア・ソパーラ―建設大臣 建設業の法律や規制に従うよう要求[法律]
(12月12日)
経済
レンタルオフィス世界最大手リージャス プノンペンに2つ目の拠点を設置[経済]
(11月24日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(11月14日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
注目
リアルエステートドットコムが提供する新たなウェブサイトとモバイルアプリに注目!
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース