カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年6月26日
  • カンボジアニュース

低価格帯の住宅販売、プノンペン西部で開発が進む カンボジア[経済]

20200626-1
(c)Phnom Penh Post

 プノンペン西部のセンソック区で価格帯が2万8500ドルから6万5000ドルの住宅開発が進んでいる。プノンペンポストが報じた。

 アラカワレジデンスは敷地面積1.36ヘクタールに21階建てのコンドミニアムを2期にわたって建設する。第1期は10棟で合計1680戸、第2期は6棟で合計1280戸が予定されている。

 すでに第1期は完売しており、第2期の販売は秋口を予定している。

関連記事
経済
2023年までのコンドミニアム開発における動向調査 カンボジア[経済]
(07日)
社会
騙された住宅購入者達、将軍に対し非難の声 カンボジア[社会]
(08月04日)
経済
カンボジアの不動産セクターにおける低迷[経済]
(08月03日)
経済
今年上半期の商業スペースの賃料、近年最大の下落 カンボジア[経済]
(07月29日)
経済
パンデミックにより不動産業界は第2四半期に大きな打撃 カンボジア[経済]
(07月15日)
経済
プノンペン中心部に高層コンドミニアムが建設 カンボジア[経済]
(06月19日)
あわせて読みたい
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
本音調査アンケート 調査リポート07-カンボジア人の住宅調査
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
プノンペンの不動産は依然として健全[建設・内装] ミース・プロックサー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース