カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年3月26日
  • カンボジアニュース

2018年のカンボジアの保険業界 総保険料30%増[経済]

news_201803263
(c)Khmer Times

 カンボジア保険協会(IAC)によると、保険業界の総保険料は、主に生命保険の売上げにより、30%増加したという。クメールタイムズ紙が報じた。

 2018年の総保険料は前年1億5660万ドルに対し、1億9640万ドルに達した。このうち、一般保険の売上高は15%増、生命保険の売上高は50.6%増だった。

 IACのフイ・ヴァタロ会長によると、一般保険の成長は主に自動車保険部門(26.3%)、財産(15.2%)、および個人的な事故および医療(12.1%)によってもたらされ、2018年に2230万ドルの保険金が支払われたという。

 フイ会長は、「リスクによる経済的損失から企業や個人を保護するための一般保険とマイクロ保険の販売も業界の成長を推進するのに役立った」と述べ、「カンボジア人の間で、保険の恩恵についての認識が高まっているので、今後も業界が力強く成長を遂げることは間違いない」と付け加えた。

 生命保険の見通しについて、マニュライフ生命保険・カンボジアのロバート・エリオットCEOは、「ますます多くのカンボジア人が家族の将来の経済を確保するために生命保険に加入している」と述べた。

 同氏によると、2017年は生命保険部門で契約者家族へ100万ドル支払ったが、2018年は230万ドル以上を支払ったという。

 IACによると、2018年現在、12の一般保険会社と8の生命保険会社が国内で営業している。

関連記事
経済
台湾系保険会社 カンボジアへ進出[経済]
(12月07日)
経済
マニュライフ生命保険 6支店目 シアヌークビルへ進出 カンボジア[経済]
(11月14日)
経済
IT企業が保険会社向け製品開発のため新たな提携開始 カンボジア[経済]
(07月16日)
経済
カンボジアの保険業界 2018年も好調なスタート[経済]
(07月11日)
経済
マニュライフ生命保険とサタパナ銀行がパートナーシップ カンボジア[経済]
(06月23日)
経済
大手マイクロファイナンス機関アムレット AIAと提携し、生命保険を提供[経済]
(29日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの保険業界に、これまで少なかった「代理店」というシステムを[金融・保険] ibs (1/3)
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
業界
カンボジア初の生命保険会社マニュライフ、世界中から集めたスタッフ陣で乗り越える[保険]ロバート・J・エリオット
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース