カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年4月20日
  • カンボジアニュース

サタパナ銀行 日系マルハン銀行との合併により大幅に利益回復[経済]

news_201804201
(c)Phnom Penh Post

 サタパナ銀行は、昨年の純利益を1858万ドルと発表、日本のマルハン銀行との合併により、2016年の利益急落以降、2015年までの水準に回復していると報告した。プノンペンポスト紙が報じた。

 2016年4月の合併により、サタパナ銀行はマイクロファイナンス機関から、銀行業界の総資産の4%近くを占める商業銀行に移行している。

 同行の加藤紀彦CEOは、「回収手数料の増加と不良債権比率(NPL)の低下により、2017年は好調な利益回復を達成し、市場平均よりも速く成長した。昨年の手数料収入は537万ドルで、前年の100万ドル弱から大幅に増額した。2017年のNPL比率は、小売ローンがやや上昇したものの、商業ローンのNPL比率は低下したため、全体として前年の1.57%から1.33%に低下し、業界平均の1.5%より良かった」と話した。

 同行の2017年の総資産額は10%増の10.2億ドル、預金額は6%増の6億1800万ドル、融資額は32%増の7億9400万ドルとなり、資本利益率は12.05%に上昇している。

関連記事
日系
日本政府 教育奨学金を通じてカンボジアの将来に投資[日系]
(23日)
経済
日系銀行 Jトラスト ANZロイヤル銀行を買収 カンボジア[経済]
(18日)
経済
JICA支援による送電・配電の入札者が決まる カンボジア電力公社[経済]
(13日)
経済
カンボジア デジタル経済化に向けたフォーラムを開催[経済]
(13日)
社会
プノンペンの大気汚染問題を否定 カンボジア環境省[社会]
(09日)
法律
電子商取引法案 2018年内の成立は不確か カンボジア[法律]
(07日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース