カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年2月25日
  • カンボジアニュース

カンボジア証券取引所の上場企業 2017年は軒並み業績低迷[経済]

news_201802243
(c)Khmer Times

 カンボジア証券取引所(CSX)に提出された未監査の財務諸表によると、上場企業の大半が、2017年に業績が低迷した。クメールタイムズ紙が報じた。

 国有企業であるプノンペン水道公社(PWSA)の総収益は16.8%増の5810万ドル、純利益は32.3%減の500万ドルだった。

 一方、別の国有企業プノンペン自治港(PPAP)は、総収益が15.4%増1880万ドル。純利益も30.9%増の530万ドルだった。

 シアヌークビル自治港(PAS)の総収益は8.8%増の5570万ドルだったが、純利益は5.9%減の610万ドルに縮小した。港湾関係者によると、「港で取り扱われるコンテナ量は増加したが、日本政府からの設備融資を受けており、米ドルに対する日本円の減価償却の結果だ」という。

 また、プノンペンSEZ(PPSP)は、総収入は4.5%減の870万ドルだったものの、土地売却により純利益は46%増の220万ドルに達した。

 台湾系縫製会社のグランドツインズインターナショナル(GTI)は、売上高が2%減の8000万ドル、純利益は87.4%減の65万4599ドルとなった。これに対し関係者は、「一部の受注が遅れたために、売上が減少し収益の低下が起こった。税引き後純利益は第4四半期に大幅に減少した。我々は従業員を訓練し、サービスを改善し続ける」と話している。

関連記事
経済
日系銀行 Jトラスト ANZロイヤル銀行を買収 カンボジア[経済]
(18日)
経済
JICA支援による送電・配電の入札者が決まる カンボジア電力公社[経済]
(13日)
経済
カンボジア デジタル経済化に向けたフォーラムを開催[経済]
(13日)
社会
プノンペンの大気汚染問題を否定 カンボジア環境省[社会]
(09日)
法律
電子商取引法案 2018年内の成立は不確か カンボジア[法律]
(07日)
経済
新キャサバ加工工場 来月からフル稼働 カンボジア・ラタナキリ州[経済]
(04月28日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース